柔らかゴボウとツナのサラダ(圧力鍋使用)

柔らかゴボウとツナのサラダ(圧力鍋使用)

Description

歯科矯正中の子どもでも食べやすいようにゴボウを柔らかくしました。ゴマはすりゴマがオススメです。

材料

ゴボウ
3本(360g)
キュウリ
1本
☆水
500ml
☆砂糖(圧力鍋に入れる分)
大1/2
★ツナ
1缶
★マヨネーズ
大3
★鶏ガラスープの素
小1
★白すりゴマ(粒でもOK)
大1
★塩コショウ
お好み量

作り方

1

圧力鍋に水と砂糖を入れておきます。

2

洗う前のゴボウを新聞紙などいらない大きめな紙の上に置きます。包丁の背でゴボウの皮をこすりとります。

3

皮はそのまま新聞紙で包んで捨て、ゴボウをよく洗います。ゴボウを3ミリくらいの厚さの斜め輪切りして圧力鍋に入れていきます。

4

写真

圧力鍋のフタをして強火にかけて、圧がかかってシューと音がしたら、弱中火にして3分加熱。

5

写真

ゴボウを加熱している間に、キュウリを切ります。立て半分に切ってから3ミリくらいの厚さの斜め切りにして、軽く塩をまぶします

6

鍋の蒸気を完全に抜ききってからフタを開けて下さい。ゴボウの固さを確かめて、大丈夫ならザルにあけて粗熱をとります。

7

写真

ゴボウとキュウリは軽く絞って水を切ります。★を全て入れてよく混ぜ冷蔵庫で冷やします。

コツ・ポイント

•圧力鍋のフタを開けたらゴボウのかたさをみてください。好みの柔らかさになるまで1〜2分追加する時もあります。
•ゴボウの皮は洗う前にむけばシンクが汚れにくいし、皮が濡れてないのでゴミが軽くてラクです。

このレシピの生い立ち

子どもが歯科矯正中の時に食べやすくするために始めました。今でも結局このやり方で作っています。歯ごたえが好きな人には向かないかな?
レシピID : 5814693 公開日 : 19/09/07 更新日 : 19/09/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」