イワシのつみれ揚げ♪(ゴボウ、ニンジン入り)

揚げたてが最高♪
天つゆをつけてどうぞ!

材料 (4人分)

イワシ(上身)
200g
a塩
小さじ2/3
aみりん
大さじ1
a卵
1/2個
a小麦粉
大さじ3
 
ゴボウ
30g
ニンジン
30g
10g
小麦粉
大さじ1
適宜
 
天つゆ
bみりん
カップ1/4
bだし汁(カツオとコンブ:インスタントでOK)
カップ1
bしょうゆ
カップ1/4
 
おろしショウガ
大さじ1

1

 イワシは、ウロコを取り、頭を落とし、腹を斜めに切り、内臓を出して水洗いし、手で腹開きして中骨を取る。
 背びれの部分を縦に両側から切り取り、頭のほうから皮をむいておく。

2

(1)のイワシを包丁で粗刻みし、さらにトントンとたたいてミンチ状にする。

3

(2)をすり鉢に入れ、塩を加えてすり混ぜ、(a)の、みりん、卵、小麦粉(大さじ3)を加えて、さらによくすり混ぜておく。

4

ゴボウは細めのササガキ、ニンジンとショウガは細切りにする。
(*キクラゲを入れる場合は水で戻して細く切る)

5

(3)のすり鉢に切った野菜を入れ、上から小麦粉(大さじ1)を振りかけて野菜にまぶし、イワシのすり身と混ぜ合わせる。

6

(5)を12等分し、1こ分ずつスプーンですくって丸くまとめ、170℃くらいに熱した油の中で、やや気長に、中まで火がとおるように、ゆっくり揚げる。

7

天つゆの材料(b)を合わせて、ひと煮立ちさせ、おろしショウガを添える。

コツ・ポイント

* 本当のレシピは、キクラゲ(乾燥)大1枚と、ゆでたエンドウ豆(エダマメでもいいかも)大さじ2が入ります。
* 手順の(2)(3)はフードプロッセッサーを使ってもいいと思います。 
* 天つゆは市販の「めんつゆ」を水で薄めて鍋で沸かして利用してもOK♪

このレシピの生い立ち

昭和58年の「きょうの料理」に載っていたものを参照しました。
レシピID : 58345 公開日 : 02/06/25 更新日 : 03/04/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」