【野菜ソムリエ】大黒本しめじのすき煮

【野菜ソムリエ】大黒本しめじのすき煮

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。京丹波大黒本しめじと牛肉は相性のいい取り合わせです。生卵とからめてお召し上がりください。

材料 (2人分)

京丹波大黒本しめじ
4本
牛肉切り落とし
150g
白ねぎ
15cm
生卵
2コ
少々
<煮汁>
50ml
大さじ1
小さじ2
砂糖
小さじ2
しょうゆ
小さじ2

作り方

1

写真

京丹波大黒本しめじは縦四つ割りにします。

2

白ねぎは7~8mm厚さの斜め切りにします。牛肉は大きければ、4~5cm長さに切ります。

3

写真

鍋にしょうゆ以外の<煮汁>の材料を合わせ、牛肉を入れてほぐします。

4

写真

弱めの中火にかけ、アクが出ればすくい取ります。煮立てば京丹波大黒本しめじを加えて混ぜ、蓋をして6分煮ます。

5

写真

蓋をとってしょうゆと白ねぎを加えてざっと混ぜ、2分煮ます。

6

火を止めて器に盛り、粉山椒をふります。別の器に生卵を割り、添えます。

7

写真

京丹波大黒本しめじは、大黒さんのようなユニークな形が名前の由来。京都の丹波地方で栽培されています。

コツ・ポイント

急な熱を加えると牛肉がかたくなりやすいので、終始弱めの中火で加熱します。煮汁がなくならないように火加減してください。しょうゆは風味を出すために後入れしています。

このレシピの生い立ち

生卵をからめて食べれば美味しいだろうと思い、すき煮にしてみました。牛肉の旨味が京丹波大黒本しめじに合わさり、とても相性の良い仕上がりに。作り方もシンプルなので、また作りたいと思えるように考えています。野菜ソムリエプロ<馬渕正治>考案レシピ。
レシピID : 5841406 公開日 : 19/10/17 更新日 : 19/10/17

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」