ローストビーフ風?牛タン元の塩釜焼き

ローストビーフ風?牛タン元の塩釜焼き

Description

肉の塊をビールのお供に食べたくなって作りました。
キャンプでお酒片手にゆっくりと作るには最適です。

材料 (4人分)

約800g
卵白
2個分
牛タン
約800g
黒胡椒
大匙2杯
多目に
余っている適量2個分

作り方

1

写真

売っているものはほぼ冷凍なので、2日間程冷蔵庫でゆっくりと解凍します。
ドリップが出まくるので、皿敷いておいて良かった。

2

写真

塩を準備します。今回は在庫が702gしか無かったので、無理やりこれで作ります。本来は肉と同量位の量が欲しいところです。

3

軽く血をを洗い、肉の水分をキッチンペーパーでしっかり取ります。
今回は塩釜なので、あえて塩胡椒はしませんが…

4

写真

ビールのお供なので、黒胡椒はしっかりと擦り込みます。少しだけ味を馴染ませるために放置、この間に塩釜の塩を準備します。

5

写真

卵白2個分と塩をよく揉んで、しっとりしたら準備オッケーです。

6

写真

塩をフライパンに敷きます。この時アルミホイルを塩の下に敷くと、後の手入れが楽です。忘れていたので大変な事に…。

7

写真

手やヘラで隙間のないように肉を包みます。上側が割れやすいので、多目に盛った方が良いです。

8

写真

今回はキャンプでマッタリしながら作るイメージで、炭火を使って焼いてみました。

9

写真

あるならダッヂオーブンで作れよ!って言われそうですが…蓋の代わりにアルミホイルで包みます。

10

写真

1時間ほどすると、塩釜の塩が黄色く変わってきます。良い匂いがしてきたら完成です。
でも…案の定

11

写真

割れましたね。
下側にアルミホイルを敷いて薄めに塩を伸ばし、上側に多目に塩を置いた方が良いです。

12

写真

火傷に気をつけて塩釜を砕き、肉を食べやすい大きさにカットします。

13

写真

お皿に移したら、炒め玉ねぎを乗せて黒胡椒、レモン汁をかけて下さい。お好みで余った卵黄を乗せたら濃厚な味になりますよ。

コツ・ポイント

中まで火が通りにくいので、焦って塩釜を割ってしまわないように、匂いと色で判断して下さい。

このレシピの生い立ち

肉屋さんが美味しそうな所を切り分けてくれたので、ガッツリ肉を食べてみたくなったので作ってみました。
自然に入る塩の味と、ピリッとスパイシーに香る黒胡椒、アッサリとしたレモンの香りが食欲を増進させます。
レシピID : 5857088 公開日 : 19/10/06 更新日 : 19/10/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」