【使い切り】キャロットソースハンバーグ

【使い切り】キャロットソースハンバーグ

Description

冷蔵庫に残りがちなにんじん。料理で余ったにんじんを使い切りたい時にもオススメ。食品ロスを減らす簡単・美味しいレシピ。

材料 (2人分)

にんじん(皮ごとすりおろす)
1/3本
たまねぎ(粗みじん切り)
1/2個 
1/3カップ
溶き卵
1/2個分
サラダ油
適量
合いびき肉
200g
小さじ1/3
コショウ
少々
少々
ケチャップ
大さじ2
大さじ2

作り方

1

粗みじん切りしたたまねぎを耐熱容器に入れてラップをかけ、600Wのレンジで2分加熱し、冷ましてパン粉と混ぜあわせる。

2

ポリ袋にAを入れ、白っぽくなるまでよくこね、溶き卵と1を加えてさらにこねる。

3

サラダ油を手に付けて2を1/2ずつ丸め、中火で熱したフライパンにのせ、焼き色がついたら裏返す。

4

蓋をして蒸し焼きにし、透明の肉汁が出て中まで火が通ったら皿にのせる。

5

肉汁の残ったフライパンにすりおろしたにんじんを入れて中火で炒め、Bを加えて混ぜたら火を止め、ハンバーグにかける。

コツ・ポイント

すりおろしたにんじんがソースのトロミとなり、ハンバーグによく絡みます。ポークソテーなど、お肉が主役の料理のソースによく合います。付け合せはお好みでどうぞ。
1人分の栄養価:エネルギー387kal、食塩相当量:3.4g、1人分の野菜量:70g

このレシピの生い立ち

野菜ソムリエ上級プロ、西村秋保氏考案レシピ
詳しくは京都府食の府民大学、「使い切りクッキング」の動画をご覧ください
http://www.pref.kyoto.jp/fumindaigaku/kouza/kouza_02.html
レシピID : 5858431 公開日 : 19/10/16 更新日 : 19/10/16

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」