ぶりカマ塩焼き

ぶりカマ塩焼き

Description

片面グリルで、なるべく手間を省いて作ってみました。

材料 (1人分)

ぶりカマ
1切れ
小さじ2

作り方

1

写真

軽く水洗いして、血を落とす。

2

写真

キッチンペーパーで包んで、水気を吸い取る。3~5分。

3

写真

両面に塩をふる。肉厚なので切り身よりも多めに。

4

写真

身の側から焼く。我が家では、身の側8分、返して皮の側6分、やや強火で焼く。

5

写真

皮が焦げるのは仕方ない。中身は焦げないので大丈夫。

コツ・ポイント

鮮度が落ちてきたぶりは、塩をふった後に10分ほど置いて水気を出したり、塩に加えて料理酒をまぶしたり、臭み対策が必要になります。新鮮なぶりは、本当に塩をふったら焼くだけで、魚の旨味が味わえます。

このレシピの生い立ち

ぶりは切り身よりもカマの方が、安くて身が多くてお得です。お魚好きの妻にも喜んでもらえています。
レシピID : 5859679 公開日 : 19/10/08 更新日 : 19/10/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」