里芋としめじの炊き込みご飯

里芋としめじの炊き込みご飯

Description

ミツカンさんの八方だしを使うと美味しい炊き込みご飯が簡単に作れます!!鰹だしの香り旨みに醤油と甘さのバランスが最高です♪

材料 (2合分)

里芋 (新物の小さめの里芋を推奨)
小さめの里芋で約10~15個ほど
しめじ
1/2パックほど
人参
1/2本ほど
油揚げ
1枚
ミツカン 八方だし
大さじ4
お米 (白米)
2合分
お米を炊く水
いつもの2合分を炊く水量から約大さじ5の水量を取り除いた量
 
電子レンジでの加熱時間はあくまでも目安です。様子をみながら電子レンジの性能にもあわせて、加熱時間や焼き時間は加減して調整して下さい。
ミツカンさんの八方だしの量はお好みで加減して甘さを調整して下さい。
八方だしの量、水加減は、具の野菜やきのこからでる水気などの総量とあわせて増減をして、普段の2合分のお米を炊く時の同じくらいの水量になるようにして下さい。このレシピでは八方だしの量が大さじ4で、野菜やきのこからでる水気を大さじ1として、加える水気の総量が約大さじ5となるため、2合分のお米を炊く水量から大さじ5の水量を取り除いています。
ご飯を炊き上げる際、お米と材料の具を決して炊く前に混ぜ合わせないでください。必ずお米の上に具の材料をのせる形にして下さい。炊く前にお米と具の材料を混ぜてしまうと、お米に炊きムラができてしまい、お米に芯が残ってしまったりする場合があります。

作り方

1

写真

2

写真

3

写真

里芋はよく洗って鍋に入れて1分ほど煮立たせたら水気をきる。

4

写真

5

写真

6

写真

揚げは手で触って少し熱いと感じるくらいのお湯に浸してしぼって油抜きををしておく。

7

写真

里芋は皮を剥いて8等分する。

8

写真

9

写真

油揚げと人参は同じ位の長さ、太さの細切りにする。

10

写真

11

写真

12

写真

しめじは石づきを取り除き子房に分けておく。

13

写真

14

写真

15

写真

切りそろえた材料を、電子レンジ対応の大きめで深めの耐熱容器に里芋、人参、油揚げ、しめじの順番に重ね入れる。

16

写真

17

写真

材料を重ね入れたら、八方だし大さじ3を材料の上から回しかけ、

18

写真

19

写真

ラップをして600Wの電子レンジで約4分ほど加熱調理する。

20

写真

21

写真

22

写真

23

写真

24

写真

25

写真

26

写真

27

写真

加熱調理している間にお米を研いでお釜に入れ、

28

写真

2合分の水も入れる。

29

写真

そして2合分の水量から大さじ5ほどの水を取り除いておく。

30

写真

31

写真

32

写真

そしてお釜にも、残りの大さじ1の八方だしを入れて、水とよく混ぜ合わせておく。

33

写真

34

写真

加熱調理した具の材料を電子レンジから取り出す。

35

写真

そして全体をよく混ぜ合わせておく。

36

写真

37

写真

38

写真

電子レンジで加熱調理した具の材料を、お米とは決して混ぜず、上にのせるような形で入れる。

39

写真

40

写真

お釜を炊飯器にセットして、普通モードで炊き上げる。

41

写真

炊き上げたら具とお米が混ざり合わさるように、全体をよく混ぜ合わせ、

42

写真

お茶碗などに盛っていただく。

コツ・ポイント

ブログでの「里芋としめじの炊き込みご飯」の作り方~!
→http://nobunobu2019.livedoor.blog/archives/3943433.html

※レシピのタイトルや作り方は、一部変更しています~♪

このレシピの生い立ち

フーディストアワード2019に参加!コンテストでミツカンさんの「八方だし」をモニターで使用★醤油、鰹だし、甘さのバランスがとてもよく、香味三段製法でひきだしただしの香りと旨みが格別!!和風の料理を中心に色々と使えて、美味しい料理が作れます♪
レシピID : 5861149 公開日 : 19/10/09 更新日 : 19/10/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」