取り分け腎臓病食ー越後MIX粉ですいとん

取り分け腎臓病食ー越後MIX粉ですいとん

Description

味付け前に家族分から腎臓病食を分ける方法で調理してます。低たんぱくの越後ミックス粉を使ってますが、家族分は小麦粉でOK

材料 (1)

越後ミックス粉
100
43~53g前後
ごぼう(ゆで)
5g
人参(皮むきゆで)
5g
豚肉(コマ肉 ゆで)
15g
油揚げ(ゆで)
10g
白菜(ゆで)
20g
マイタケ(ゆで)
15g
しいたけ(ゆで)
15g
ねぎ(仕上げ用)
3g
お湯
300ml

作り方

1

写真

病人用)越後ミックス粉に水を入れてよく練ります。水を入れすぎると扱いにくくなるので、耳たぶくらいの硬さが適当
左→越後

2

写真

家族分)小麦粉を使いますが、こちらも耳たぶくらいの硬さを目安にします。小麦粉の場合は半日程度冷蔵庫で寝かします。

3

人数にあわせて材料を用意、ゴボウはささがき、人参はいちょう切り、白菜はざく切り、しいたけ、油揚げは薄切りにする

4

大鍋にサラダ油を熱し、豚肉を炒めてからキノコ以外の具材を入れる。

5

水を入れてひと煮たちさせて、キノコ類を入れる

6

(病人用)
ここで上記の分量を小鍋にとりわけ、新しくお湯を入れる。
だしわりしょうゆで味付けする

7

写真

(病人用)
すいとんを入れる。赤ちゃんの耳くらいの大きさに、薄くのばすようにする。浮き上がったら出来上がり

8

写真

(家族用)
大人数の場合は、1人分ずつ小鍋に取り分けたほうが、だし汁が濁らずおいしく食べられます

9

写真

越後ミックス粉のすいとんです。
油揚げ、ゴボウは必須ですが具材は何でも良いです。我が家では豚挽肉が一番人気です。

10

写真

食品成分表には茹でた状態の栄養価が書いてあるものがあります。自分の指示量に合わせて取り分け量は調節を

コツ・ポイント

粉に入れる水分量は、その時の気温や手の温度によって変わります。目安としては粉100gに対して水は45ml前後。越後ミックス粉は、米粉に小麦でんぷんを配合した粉。モチモチ&ツルツルの食感です。タンパク量も100gあたり0.25gと優秀です!

このレシピの生い立ち

冬場に人気の我が家のソウルフードです。
キノコはカリウムが高く敬遠されがちな食材ですが、湯通しすることで大幅に削減できます。
栄養価は452.6kcal タンパク量5.0g カリウム178.2mgリン85.3mg 食塩相当量0.6g
レシピID : 5871568 公開日 : 19/10/16 更新日 : 19/10/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」