炊飯器の温泉卵モードで作るローストビーフ

炊飯器の温泉卵モードで作るローストビーフ

Description

炊飯器の温泉卵モードを使って、専用器具無しで低温調理ローストビーフを作る

材料 (4人分)

牛ブロック肉(肩ロースなど)
500g
5g(肉の1%)
胡椒
5g(肉の1%)
精製油(サラダ油など)
少量
しょうゆ
5ml〜
バター
大さじ1
小麦粉
小さじ1〜

作り方

1

写真

牛肉は硬くていいので、バラやカルビよりも肩ロースなどがオススメです。同じ理由で和牛よりも輸入牛の方が良いです。

2

塩と胡椒を全面にすりこみます。
お好みでハーブを入れてもよし

3

写真

丈夫なプラスチックバックに入れます。
空気を抜く。水を貯めたボール等を使うと効率的に抜けます。

4

1時間以上、味を染み込ませます。
長時間の場合は冷蔵庫に入れますが、低温調理前に40℃ぐらいの湯に入れて常温に戻します。

5

写真

炊飯器にお湯を入れ、温泉卵モードにします。保温モードよりも温度が低く(約61℃)低温調理向きです。

6

お湯が60℃以上になって安定したら、プラスチックバッグに精製油を入れて、空気を抜き、炊飯器に入れます。

7

写真

30分おきぐらいに肉の中心部の温度を測ります。
中心部が56℃以上になっているのを確認したら、そのまま1時間続けます。

8

肉をつけ汁から取り出して、フライパンで強火で全面に焦げ目をつけます。

9

写真

一度冷ましてから、カットします。冷ますことで、切る時に肉汁が出てしまうのを防ぎます。

10

ここから赤ワインソースを作っていきます。

11

肉の焼き終わった後のフライパンでソースを作ります。
赤ワインを強火でアルコールを飛ばしてから、つけ汁とバターを入れます。

12

写真

煮立ったら弱火にします。 5分ほど煮詰めます。
味見しながらしょうゆを入れます。小麦粉でトロミをつけます。

13

写真

ソースをつけて食べます。肉単体でも塩気があるので美味しい。
お好みでワサビ醤油や卵黄と合わせても良いです。

コツ・ポイント

先に表明を焼かないこと。低温調理の場合先に焼くとコゲの味が肉に染み込んで不味くなります。
食中毒を防ぐために肉の中心部の温度が55℃以上になるようにしてください。

このレシピの生い立ち

低温調理でローストビーフを作りたいが、専用器具は高いし場所を取る。そこで一部の炊飯器に備わっている温泉卵モードを使ってやってしまう。
一部の内容は「モダニスト・キュイジーヌ アットホーム—現代料理のすべて」を参考にしています。
レシピID : 5877350 公開日 : 19/10/21 更新日 : 19/10/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」