里芋と鶏胸肉のレンチン!チーズ蒸し

里芋と鶏胸肉のレンチン!チーズ蒸し

Description

GABANさんのグリルマスターブレンドで味付け☆旨みのある岩塩に9種ものハーブやスパイスがブレンドされ、肉料理を美味に♪

材料 (2人分)

里芋 (小粒タイプの里芋を推奨)
10個ほど
鶏胸肉
1/2枚分ほど
酒 (白ワイン推奨)
大さじ1ほど
GABAN グリルマスターブレンド
大さじ2~3ほど
ピザ用とろけるチーズ
30~40gほど
 
GABANさんのグリルマスターブレンドの量はお好みで加減、調整して下さい。
里芋は小粒で新物のものを使用していますが、お好みの里芋を使用して下さい。里芋は電子レンジで調理をしていますが、茹でて調理されたりして下さい。茹でる際はお好みで茹でこぼしをされたりもされたり、アクを取り除いたりもされて下さい。皮も手で剥いていますが、包丁などお好みの調理道具を使用されたりもして、お好みの方法で調理されて下さい。
小粒の里芋を電子レンジで加熱調理する際は、皮をしっかり水で濡らして下さい。また加熱調理をしすぎてしまうと水分が抜けすぎて硬い仕上がりになってしまう場合があるので、短めの時間で加熱調理されたりして、硬すぎる仕上がりにならないように調整して下さい。
鶏胸肉にはしっかり火を通して下さい。火を通しすぎても硬くなりすぎてしまいますが、火が通っていない生の状態だと食中毒などを起こしてしまう場合があるので、しっかり加熱調理して下さい。

作り方

1

里芋はよく洗って水を皮にふくませる。

2

ラップにくるんで600Wの電子レンジで約1~1分30秒加熱調理する。

3

加熱調理を終えたら手で里芋の皮を剥く、皮を剥いたら2等分に切りそろえる。

4

鶏胸肉は余分な皮やスジや血合いなどを取り除き、一口大に切りそろえる。

5

白ワインをふって馴染ませたら、大さじ1~2ほどのグリルマスターブレンドも振りかけ、揉みこんで馴染ませる。

6

電子レンジ対応の耐熱のグラタン皿などの鶏胸肉を敷き詰める。

7

600Wの電子レンジで鶏肉に火がしっかり通るまで2~3分ほど加熱調理をする。

8

加熱調理を終えた鶏肉の間のところどころに里芋のを押し入れる。

9

敷き詰めた鶏肉と里芋の上から小さじ2~3ほどのグリルマスターブレンドを全体にふりかける。

10

さらにとろけるチーズも全体に回しかける。

11

彩り、飾り用として、お好みで再度グリルマスターブレンドをチーズの上に少量ふりかける。

12

ラップをしないで600Wの電子レンジでチーズがとけるまで1分以上、2分前後加熱調理をして仕上げる。

コツ・ポイント

ブログでの「里芋と鶏胸肉のレンチン!チーズ蒸し」の作り方~!
→http://nobunobu2019.livedoor.blog/archives/4179250.html

※レシピのタイトルや作り方は、一部変更しています~♪

このレシピの生い立ち

今回のスパイス大使活動のテーマが「秋の旬の食材を美味しくいただくレシピ」でGABANさんの「グリルマスターブレンド」をモニターで使用★9種のスパイス、ハーブがブレンド、岩塩も配合された肉用シーズニングで、お肉を使った料理を美味しい1品に♪
レシピID : 5892332 公開日 : 19/10/31 更新日 : 19/11/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」