ヨウサマの減塩朝食基本的な病院食の日2㉕

ヨウサマの減塩朝食基本的な病院食の日2㉕

Description

もう少し半熟トロトロの親子丼にしたいのだが、かなり塩分が強いのでここ迄。卵と鶏肉(たんぱく質を作る)で定番の病院食です。

材料 (3人分)

★親子丼/鶏胸肉(一口大に切る)
300g
肉を下茹でする時に入れる日本酒
大さじ1
椎茸(小ぶりを薄く千切り)
2個
玉ねぎ(薄く千切り)
1/4
※冷凍枝豆(皮から豆だけ取り出す)
15個位
※溶き卵
3個
※牛乳
大さじ1
☆水
300cc
☆顆粒ヤマサカツオだし
3g
☆醤油
大さじ1
味が決まらなかったら塩・グラニュー糖
各小さじ1/2
★厚揚げのなめ茸あんかけ/なめ茸
大さじ1
厚揚げ(ドミノのコマみたいに切る)
1/2丁
市販の鶏肉団子(Oisix使用)・冷凍枝豆(皮から豆を取り出す)
各10個程
200cc
顆粒アゴだし
2g
水溶き片栗粉
適量
★ほうれん草の韓国風お浸し/冷凍ほうれん草(セブンイレブン使用)
150g
おにぎり用板海苔
1/2
顆粒アゴだし
1g
ごま油・白すりゴマ・白いりゴマ
各小さじ1

作り方

1

写真

鶏肉を日本酒を入れて白くなるまで茹でる。茹で終わったら水気を切る。

2

写真

水を入れて玉ねぎ、椎茸スライスを加えて玉ねぎが透き通るまで煮る。

3

写真

溶き卵を作り、牛乳とマヨネーズを入れてマヨネーズが分離しない様に溶き混ぜる。

4

写真

溶き卵を加える前に顆粒カツオだしと醤油を加える。
注)味がぼんやりしていたら、醤油とグラニュー糖を加える。

5

写真

こんな感じになる卵を必要以上に掻き回さない。

6

写真

水から肉団子と厚揚げ、顆粒アゴ出汁を入れて肉団子に火が通る迄煮る。

7

写真

水が半分になったら、枝豆、なめ茸を加えて水溶き片栗粉を加えて仕上げる。

8

写真

ほうれん草のお浸しはほうれん草を解凍し水気を絞り、海苔を手で崩し、ごま油、いりゴマ、すりゴマを加えて混ぜる。

コツ・ポイント

鶏肉は下茹でして生臭さを消す。卵は牛乳、マヨネーズを加えるとふっくらする。

あんかけはなめ茸で味が決まる。

このレシピの生い立ち

今日のも病院食で定番のたんぱく質オンリーなメニューです。鶏肉、豆腐は腹持ちも良くヘルシーでもたれないです。

1日1600カロリー塩分6g 1食あたり533カロリー塩分2です。
レシピID : 5912978 公開日 : 19/11/16 更新日 : 19/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」