【野菜ソムリエ】新丹波黒のかき揚げ

【野菜ソムリエ】新丹波黒のかき揚げ

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。黒豆の食感と秋冬の京野菜との共演を味わってください。天つゆも良いですが、揚げたてをお塩でどうぞ。

材料 (4人分)

新丹波黒(京都府産黒豆)
30g
さつまいも
85g
なす(中)
1本
インゲン豆
6本(約30g)
サラダ油
適量
付け塩
適量
てんつゆ(市販品)
適量
おろし大根
適量
擦り生姜
適量
<天ぷら衣>
・卵(Sサイズ)
1個
・水
60ml
・薄力粉
50g

作り方

1

写真

新丹波黒を一晩、水に浸けておきます。

2

さつまいも、なすを1cm角に切ります。インゲン豆は1cm長さに切ります。

3

ボウルに卵と水を入れて混ぜ、薄力粉を振り入れて軽く混ぜて天ぷら衣を作ります。

4

写真

1の新丹波黒、2の材料を衣のボールに入れ、軽く混ぜます。

5

鍋にサラダ油を3cm程度の深さまで入れ、170℃に熱します。お玉で4を適量すくって入れ、揚げます。

6

写真

かき揚げの表面がうっすらきつね色になれば裏返し、両面がきつね色になるまで揚げます。

7

キッチンペーパーを敷いた皿に取り出し、かき揚げの油を吸わせて器にもります。

コツ・ポイント

揚げ油の温度は、黒豆、さつまいもの揚がり具合いに合わせ、中温(170℃)で、焦がさいないよう注意してください。

このレシピの生い立ち

黒豆の定番はお節の黒豆煮ですが、揚げ物にして、歯応えのある食感を残して、温かいままをいただく、天ぷらにしました。おつまみにも、おかずにも合います。野菜ソムリエプロ<髙田次郎>考案レシピ。
レシピID : 5920271 公開日 : 19/12/17 更新日 : 19/12/17

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」