鯖缶で作る!鯖と信州きのこのドライカレー

鯖缶で作る!鯖と信州きのこのドライカレー

Description

長野県民には昔からおなじみの、鯖缶を使ったスパイシーなドライカレーです。信州きのこもたっぷり味わえます♪

材料 (4人分)

鯖水煮缶
1缶
玉ねぎ
1/2個(100g)
しめじ
1~2パック(200g)
トマト
1個(150g)
サラダ油
大さじ1
小さじ1/2
★ おろししょうが
小さじ1/2
大さじ1と1/2
  ケチャップ
大さじ3
大豆(ドライパック)
1パック(60g)

作り方

1

写真

玉ねぎはみじん切りにする。
しめじは石づきを取り、1cm幅に切る。
トマトは角切りにする。

2

写真

大きめのフライパンに油をひき、にんにくを熱し、玉ねぎ、しめじを入れ、玉ねぎが透明になるまで炒める。

3

写真

②に鯖缶を汁ごと加え、★の調味料とトマトを加える。

4

写真

大豆を加え、汁気がなくなるまで煮込めば完成。

コツ・ポイント

しめじは1cm幅に切ることで鯖や豆と混ざり合い、食べやすくなります。鯖が持つイノシン酸とトマトが持つグルタミン酸。これらを一緒に煮込むと、うま味の相乗効果でおいしくなります。【1人分:熱量206kcal 食塩相当量1.0g 野菜量112g】

このレシピの生い立ち

海がない長野県では、冷蔵・冷凍できなかった頃から缶詰が重宝されてきました。鯖缶と信州特産のきのこを使って、信州ならではのドライカレーを考えてみました。鯖の臭みをスパイスがやわらげ、味を引き締めることで、満足感のある減塩メニューとなりました。
レシピID : 5935728 公開日 : 19/12/23 更新日 : 19/12/23

このレシピの作者

信州の風土を味わってみませんか?
自然豊かな長野県は、おいしいものの宝庫。でも、おいしいだけじゃありません。長野県は日本一の長寿県。地域ごとに受け継がれてきた信州の食の中には、健康・長寿のヒントがきっと見つかると思います。そんな、おいしくて健康的な信州の食材を使ったレシピを皆さんにお届けします。食に関する情報も随時掲載していきますので、お楽しみに。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」