アメリカン・ビーフの肩ロース赤ワイン煮

アメリカン・ビーフの肩ロース赤ワイン煮

Description

クリスマスディナーでも誰からも喜ばれる、アメリカンビーフの赤ワイン煮です。

材料 (4人分)

アメリカン・ビーフ(牛肉)の肩ロース(かたまり)
1kg
サラダ油
少々
フォン・ド・ヴォー(市販品)
350cc
塩・こしょう
各少々
<マリネ液>
玉ネギ(薄切り)
1個
ニンジン(薄い斜め切り)
1本
セロリ(葉はちぎり、軸は薄い斜め切り)
1本分
1本(750cc)
<ニンジンのピュレ>
ニンジン(皮ごと3cm幅の輪切り)
2本
少々
キャラウェイシード※
小さじ1
<ジャガイモのピュレ>
ジャガイモ(皮をむいて薄い輪切り)
200g
牛乳
150cc
小さじ1

作り方

1

ボウルにアメリカン・ビーフを入れ、マリネ液の野菜とローリエをのせて赤ワインを注ぎ、冷蔵庫に一晩おいてマリネする。

2

アメリカン・ビーフだけを取り出して汁気をよくきり、残ったマリネ液は取っておく。

3

厚手の深鍋をよく熱してサラダ油をひき、塩・こしょうをしたアメリカン・ビーフを入れて表面全体を強火でこんがりと焼く。

4

残ったマリネ液とフォン・ド・ヴォーを加えて強火にし、煮立ったらアクを取り、フツフツと静かに煮立つ状態の弱火にし、

5

蓋をして1時間~1時間30分煮る。肉の中心に金串を刺してスッと通るようになったら、アメリカン・ビーフを取り出す。

6

煮汁は目の細かいこし器でこして鍋に戻し、アメリカン・ビーフも戻し、塩とこしょうで味を調える。

7

)2種類のピュレを作る。ニンジンは厚手の鍋に並べて塩をふり、水100ccを注いで蓋をし、ごく弱火で蒸し煮にする。

8

様子を見て水を少量ずつたしながら煮て、ニンジンの中心に金串がスッと通るようになったら火を止める。又は蒸し器で蒸してもよい

9

(8)をハンディブレンダーでピュレ状にし、キャラウェイシードを加え、塩気がもの足りなければ塩をたす。

10

ジャガイモは水にさらして水気をきり、鍋に入れてニンニクと牛乳、塩を加え、十分にやわらかくなるまで煮る。

11

(8)と同様にしてピュレ状にし、味をみて塩をたす。

12

器に2種類のピュレを盛り、(6)のアメリカン・ビーフを4つに切って盛り、煮汁(ソース)をかける。

コツ・ポイント

※ザワークラウトやソーセージなどに使われる、さわやかな香りでほのかに甘いスパイス。

このレシピの生い立ち

このレシピは米国食肉輸出連合会のレシピです。https://www.americanmeat.jp/
http://www.myfood.jp/usfood_dic/meat/beef.html
レシピID : 5955594 公開日 : 19/12/19 更新日 : 19/12/19

このレシピの作者

多様な気候と広大な農地を誇るアメリカは、安全でヘルシーでサステイナブル(持続可能)な農産物の宝庫です。そんなアメリカの食材で作る料理のレシピと、アメリカ農業・農産物の裏側にあるストーリーを皆さんにお伝えしたいと思っております。アメリカ大使館農産物貿易事務所がお届けするウェブサイトmyfoodもよろしく!
http://www.myfood.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」