【野菜ソムリエ】ご飯から作る簡単七草粥

【野菜ソムリエ】ご飯から作る簡単七草粥

Description

野菜ソムリエ考案。1月7日は人日の節句。この一年の無病息災を願い、春の七草をトントン刻んで炊いた七草粥をいただきます。

材料 (2人分)

春の七草
各適量
芹(せり)
薺(なずな)
御形(ごぎょう)
繁縷(はこべら)
仏の座(ほとけのざ)
菘(すずな・蕪)
蘿蔔(すずしろ・大根)
ごはん
約1/2膳分(70g)
カップ2
丸餅
2コ
少々

作り方

1

写真

菘(すずな・蕪)と蘿蔔(すずしろ・大根)はうす切りにします。その他の野菜はサッと茹で、細かく刻みます。

2

鍋に水を入れ、菘と蘿蔔を入れ、柔らかくなるまで煮ます。ごはんをほぐして入れてしばらく炊き、塩を加えます。

3

丸餅は熱湯に入れ、柔らかくなるまで茹でます。

4

2に刻んだ野菜を加えてひと混ぜして火を止め、3と共に器に盛ります。好みで塩昆布や漬物を添えます。

コツ・ポイント

菘や蘿蔔の葉があれば、他の野菜と共に茹で、刻んで加えてください。煮あがれば出来るだけすぐに食べてください。1年のうちの大切な日のお正月が終わる節目の日(1月7日)に食べる七草粥。1月7日は七草の節句とも呼ばれます。

このレシピの生い立ち

1月7日は人日の節句。1月6日に野山で七草を摘み、一種類ごとに7回、七草ばやしのリズムに合わせて刻んで作ったと言われています。その七草粥を、ごはんから簡単に炊く方法を考えました。野菜ソムリエ<鳥越よし子>考案レシピ。
レシピID : 5963300 公開日 : 20/01/06 更新日 : 20/01/08

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

20/01/09

写真

優しい味で、身体が癒されました。ありがとうございました。

かんなラブ

20/01/07

写真

美味しく頂きました

ちゃぎー

20/01/07

写真

簡単に作れました♡味薄だったので、ごま昆布を加えて食べてみたら、それもまた美味♡ありがとうございました♡

みるくっく♡

20/01/07

写真

簡単においしくできました!ありがとうございました(*^^*)

みさう