ニーダーを使って栃木の豆餅

ニーダーを使って栃木の豆餅

Description

毎年お正月に、栃木の義母が作ってくれた豆餅!焼いてそのまま食べても、塩味がほんのりついていて美味しい。

材料 (1本分)

もち米
500g
小さじ1
青のり
1袋(10g)
白ごま
1袋(50g)
ピーナッツ
30グラム
餅とり粉(コーンスターチ)
適量

作り方

1

写真

もち米1㎏は、洗って水に浸して1晩置く

2

写真

もち米をザルにあげ水を切っておく

3

写真

蒸し器の中に蒸布を敷いて、水を切ったもち米を入れ、真ん中をくぼませて15分蒸す。布を持ってひっくりかえりて、15分蒸す。

4

写真

蒸しあがったもち米を、ニーダー(もち用羽根)に入れ、塩、青のり、白ごま、ピーナッツを入れて20分こねる

5

写真

オーブンペーパーに餅とり粉を散らした上に、できあがった餅を乗せ、なまこ型に成型する。

6

写真

成型したら、お餅が横に流れないようにオーブンペーパーを中央で合わせてホッチキスで止めて冷ます。

7

写真

オーブンペーパーに包んだまま、一日以上常温でおく。

8

写真

固くなりすぎないうちに1cm位の厚さに切って保存する。

コツ・ポイント

もち米は、一晩水に浸しておく。蒸あがって多少固くても、成型した時に、なまこ型にならないので水は足さないこと。

このレシピの生い立ち

義父母が毎年年末に、杵と臼で餅をついていたのを思い出しながら、いつもはパンこねで使っているレディースニーダーの餅つき機能を利用して作った
レシピID : 5971825 公開日 : 20/01/03 更新日 : 20/01/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」