ホシノ天然酵母で本格フランスパンを簡単に

ホシノ天然酵母で本格フランスパンを簡単に

Description

本格フランスパンは難しい!でも毎日焼いて家庭でも簡単にできるコツをご紹介!

材料 (3~5人分)

6g
フランスパン専用粉
300g
180cc
 
ホシノ天然酵母フランスパン用を24時間起こしたもの
21g
打ち粉(フランスパン専科粉)
少々
 

作り方

1

大きめボウルに粉をふるい入れ、水、塩、酵母を入れざっくりまぜる。粉っぽいまま10回たたきつける。捏ねない!30分おく

2

オリーブ油を塗った大きいタッパーに1の生地を入れて軽く蓋をし30度で90分以上、発酵させる

3

写真

2の生地が2倍くらいにふくらみ、指に粉をつけた指をつっこんで穴が戻らなければ発酵OK

4

写真

粉かまたはオリーブオイルをつけた手で3を端から畳むように裏返す。フランスパンの生地はとてもデリケートなので優しく!

5

写真

30度で50分ほどもう一度発酵させる。また2倍くらいになればOK。タッパーのまま蓋をし冷蔵庫の野菜室に入れて8時間以上。

6

写真

冷蔵庫から出したタッパーの蓋をあけ、打粉した台の上でひっくり返して種が自然に落ちてくるまで待ち、種を2分割して丸める。

7

写真

6が乾燥しないよう、オーブンペーパーをかけ、その上からぬれ布巾をかけ、30分休ませる。

8

写真

30分したら二つの生地をそれぞれ楕円に伸ばす。中の空砲をなるべくつぶさないよう気をつける。

9

写真

楕円に伸ばした生地を両側からたたみ、継ぎ目は下に。優しくころがして成型する。

10

写真

オーブンペーパーにたるみをもたせて二つの生地をのせておく。

11

写真

わたしは、フランスパン用天板を使っていますが、10の方法でもうまくいきます。

12

写真

10が乾燥しないように上からもオーブンペーパーをかけ、30度で20分以上二次発酵させる。フワッと膨らんだらok

13

写真

クープナイフまたはかみそりでクープを入れる。クープはそぐように、1円玉くらいの大きさの深さに斜めに入れる。

14

写真

クープは斜めに、こんなかんじで入れ、霧吹きで全体を濡らす。

15

オーブンを300度に余熱し、余熱が終わったら霧吹きで10回吹き付け250度で5分焼く。スチームオーブンならスチームを使う

16

写真

もう一度霧吹きを10回。スチームオーブンならスチームを切り、200度で25分焼く。

17

コツ・ポイント

捏ねてしまわない、生地は優しく扱う。暑いときは水や粉は冷やして。わたしは、粉はフランスのブリアンスか北海道のヌーベルバーグを使っています。ブリアンスの場合は硬水(エビアン)を使います。

このレシピの生い立ち

何度も失敗しながら数百本焼きやっとうまく行くようになった本格フランスパンレシピ。
レシピID : 5983297 公開日 : 20/01/11 更新日 : 20/11/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」