簡単確実な温泉卵の作り方

簡単確実な温泉卵の作り方

Description

保温機能付き炊飯器を利用して、黄身がゼリー状の本格的な温泉卵を作る方法!ポリ袋に入れて保温中の炊飯器に一定時間放置する!

材料

鶏卵
2~4個
保温中の炊飯器
キッチンポリ袋

作り方

1

写真

条件:保温中の炊飯器があること。炊飯直後では、温度が高すぎます。炊飯後、1.5~2時間以上経過していることが望ましい。

2

写真

キッチンポリ袋に冷蔵庫から取り出した鶏卵を2~4個入れます。

3

写真

保温中の炊飯器の中のご飯を平らにして、その上に鶏卵の入ったポリ袋を載せる。ポリ袋は釜に付かないように気を付ける。

4

写真

タイマーを80分にセットして、炊飯器の蓋をして、保温状態で低温加熱調理する。

5

写真

時間が来たら、ポリ袋ごとボールに入れて冷水で冷やして、常温近くになったら冷蔵庫に保存する。

6

写真

小鉢に卵を割り入れてみると、白身は半熟状態で、黄身はゼリー状に固まっている。

7

写真

麺つゆとみりんをかけて、いただきます。

8

なお、ポリ袋は、炊飯器によっては使用が禁止されていることがあるため、ご家庭の当該取扱説明書を確認のうえ調理してください。

9

お湯を沸かさず、やや時間はかかるけど、黄身がゼリー状の、本格的な温泉卵。もう市販の温泉卵はバカバカしくて買えません。

10

超簡単な炊飯器の蒸し鶏(ID:5980249)といっしょにやれば、一度に蒸し鶏と温泉卵ができます。

コツ・ポイント

冷蔵庫から取り出した卵では 80 分としましたが、常温保存の卵では 60 分で十分です。また、炊き上がり直後は、炊飯器によって温度が異なります。「蒸らし」後で、ご飯をまぜて 70 度くらいに温度が下がっていれば、60 分でよいと思います。

このレシピの生い立ち

温泉卵を作るために、わざわざ専用の容器を買ったり、お湯を沸かしたりせずに、一般家庭にある炊飯器を使って、温泉卵を作るにはどうすればよいかを追求した結果です。
レシピID : 5984020 公開日 : 20/01/11 更新日 : 20/01/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」