魚介出汁の芋煮☆おすまし(おかずおつゆ)

魚介出汁の芋煮☆おすまし(おかずおつゆ)

Description

余ったお刺身は主役を里芋に譲って、具だくさん、ヘルシーな肉なし芋煮汁に(*^^*)。肉は暫くごめんだよ!というお腹に♪

材料 (二人だけど沢山できてます。)

ベビーホタテ
10個
タコ
50g
にんじん
半分
だいこん(太)
10㎝位
ゴボウ
半分
レンコン(大)
3cm
長ねぎ
半分
キノコ類
お好みで
里芋(大小)
5個
食べたい回数のお椀-1杯
適量
水量に合わせる
砂糖
適量
適量
適量
一片
セリ
一把
竹輪などの練り物
好きなだけ
好きなだけ
油揚げ
餅巾の数÷2

作り方

1

写真

里芋、れんこん、にんじん、だいこん、ゴボウなどおうちにある根菜仲間たちを食べやすい(煮えるタイミングが揃う)大きさに。

2

写真

湯に生姜をぱらっと。生姜はアクセント、臭み消し、温活兼ねてですが、無くてもOK。お茶パックに入れればエキスだけ取れます。

3

写真

たこ、ベビーホタテを投入後、灰汁を取ります。生の場合は、先に霜降り。魚は少しぱらりの塩で15分放置。身がしまっていいよ。

4

写真

更に甘い味出し用の竹輪、ジャコテンを入れます。(練り物ならば何でも。私も買置きであったものを使いました)

5

写真

ここで出汁醤油で味を整え(濃いめの甘口)、先ほど切っておいた野菜をドカッと投入。芋の煮崩れを防ぐために極弱火でコトコト。

6

写真

キノコ、葱を切ってお鍋に投入♪がんばれ、食物繊維(*^.^*)。

7

写真

みんな大好きセリ♪ねっこがカットされているのが不満でしたがやむ無し。葉、茎、根に分けて使いますよっと。

8

写真

ねっこ。こやつは良い風味が出るので煮込みます。

9

写真

くき。作って食べきれるときにはラスト一分で投入。
たくさん作って二日目三日目(サイコー♪)に食べるときにもラストに投入。

10

写真

食べる前に煮るようと乗せるように切って準備してます。
葉っぱは熱々をよそってからパラリ。食べるときに混ぜて柔らかく。

11

写真

半分にした油揚げと餅!
無くてもOK。餅好きだーさまへのご褒美です。
もち巾着サイズにのし餅を作ったおばちゃん、天才!

12

写真

のせてみた!実際は芋の間を縫って立てました。
味を整え一旦火を止めます。覚めていく間に味が染みていきます。

13

写真

暖め直しのラストでセリ茎を入れ、熱々を盛ってから葉っぱをのせて「さあ!めしあがって(*^.^*)」となりました。

コツ・ポイント

材料多種多目に見えますが、あるもので十分。ジャガでもこんにゃくが入っても、はんぺんでも良いのです~。煮崩れを防ぐための策と灰汁取り、生姜、そして甘口に仕上げると美味しい(*^^*)。

このレシピの生い立ち

刺身で食べようと思ったタコとちびホタテがあったのと、汁物大好き、肉は勘弁!と言うだーさまの顔がシンクロしたから(*´∀`)♪
レシピID : 5985476 公開日 : 20/01/13 更新日 : 20/01/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」