【めも】鶏胸肉とキャベツの酒蒸し照焼風

【めも】鶏胸肉とキャベツの酒蒸し照焼風

Description

焼鳥を作ろうとしたら、手間を省きすぎ、中途半端な出来ばえに。
美味しかったので残します

ネギ→キャベツ
砂糖→ラカント

材料 (2人前)

鶏胸肉
300g
キャベツ(ネギ代用)
1/4玉
大さじ2
大さじ2
大さじ2
大さじ1
●水
大さじ1

作り方

1

●焼鳥ネギマを、ネギ苦手なのでキャベツに変更し。

●串刺しが面倒なので、刺さずに焼いた。

2

●酒蒸しの後、残った酒を拭かずに、次の材料(キャベツ)を投入。

●具材を取り出さず、タレを投入(本来一度具を取り出す)

3

●これらを短縮してやったら、薄味の焼鳥煮みたいな感じになりました。

●十分美味しく頂けました。

●丼もいいかも。

4

★★★★★

5

※写真は出来上がりのみで、途中を撮ってないです。

鶏胸肉を一口大にカットする。

キャベツをざく切りにする。

6

フライパンを弱火にかけ、鶏胸肉と○(料理酒大さじ2)を入れ、フタをし、3~4分、酒蒸しにする。

7

酒蒸し出来たら、フタを開けて、キャベツを入れる。

※ここで酒蒸しの汁をキッチンペーパー等で拭くと焼鳥に近い(汁が多い)

8

キャベツを入れたら、またフタをし、しんなりするまで加熱する。(プラス中火で3分前後)

※油を一切ひかないのでヘルシー

9

火を通してる間に、★と●を別容器でそれぞれ合わせておく。

火が通ったら、★を加えて、少し煮詰める

10

※本来は具材を取り出し、★調味料をフライパンで一煮立ちさせる。

少し煮詰まったら、●(水溶き片栗粉)を回しかける。

11

とろみがついたら、火を止めて、皿に盛る。

完成。

12

★★★★★

13

皮は一度はいで、カットして入れました。

コツ・ポイント

●カット
●酒蒸し
●タレ投入
●水溶き片栗粉投入

全ての手間を省き、ひたすら材料を投入しただけです。
手軽といえば手軽。
濃いめの焼鳥タレを希望の方には合わないです。

丼にしても美味しいと思います。

このレシピの生い立ち

焼鳥を作ろうとして、色々手間を省いたら、少し違うものになりました。

ネギ→キャベツ
砂糖→ラカント
串刺し→なし
酒蒸し後→汁拭きせず
タレ投入→具材出さず

薄味の焼鳥丼みたいな感じ。
個人的には好きなので、また食べたいなという感じ。
レシピID : 6003507 公開日 : 20/01/25 更新日 : 20/01/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」