缶入りなんてメじゃない美味!アイス中国茶

缶入りなんてメじゃない美味!アイス中国茶
缶入り中国茶が流行っていますが、葉から入れたアイス中国茶の方が断然おいしい!量が多すぎて飲みきれなかったり、ちょっと古くなってしまった中国茶の葉があれば、是非お試しください。簡単!

材料 (5人分)

中国茶の葉
10~12グラム
お茶パック(あれば)
一つ
おいしいお水
1リットル

1

お茶パックがあれば、中国茶の葉をパックに詰めます。なければ、葉をそのままサラサラと入れてください。

2

麦茶などを作るガラスポットに1のお茶の葉を入れ、お水を注ぎます。

3

ベランダや窓際など、日なたに数時間放置。お茶の葉が十分開いたら、パックを取り出して(そのまま葉を入れた場合は網で濾して)冷蔵庫で冷やします。

コツ・ポイント

何の葉でも作れますが、私は凍頂烏龍茶、文山包種、毛蟹などを使っています。もちろん、濃いめにいれて氷で急冷しても冷茶を作れますが、このほうが簡単にたくさんできるので…。

このレシピの生い立ち

普通に水だし中国茶を作ると、なかなか葉っぱが十分に開かず、香りは出るけどあじがない…ということになって困っていました。何かいい手はないかな…と調べていて、レシピID:55033、チリチリさんの「太陽の紅茶」の手法を参考にさせていただきました。これだとバッチリ、味も香りもいい冷茶ができます。チリチリさん、ありがとう!
レシピID : 60076 公開日 : 02/07/16 更新日 : 02/07/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」