ドイツ料理 ビーツのザワークラウト風

ドイツ料理 ビーツのザワークラウト風

Description

ドイツではソーセージの付け合わせに欠かせないザワークラウト
日本人に親しみのある切干大根でアレンジしました。

材料

切干大根
100g
乾燥ビーツ
少々
50ml
砂糖
大さじ2杯
少々

作り方

1

写真

切干大根を水戻ししておきます。

2

写真

切干大根をボイルします。

3

写真

乾燥ビーツを少量のお湯でボイルし、ボウルに移します。

4

写真

ボウルに調味液を入れ、大根と和えれば完成です。

コツ・ポイント

切干大根、乾燥ビーツは衛生面から加熱調理を推奨しています。
ビーツを使用することで、鮮やかな赤紫色に色づきます。
和の切干大根が、洋風なメニューに変身します。
本来は発酵の過程があるそうですが、時短レシピの為、ザワークラウト風となります。

このレシピの生い立ち

切干大根は一般的には和食に用いられることが多いですが、伝統食材を様々な形で提案できればと思い、考案しました。
ビーチで色付けすることにより、紫キャベツのような見た目にもなります。

ザワー・・・酸っぱい クラウト・・・キャベツ
レシピID : 6012719 公開日 : 20/01/31 更新日 : 20/02/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」