寒ざらし

寒ざらし
郷土・島原(長崎)の味です☆
白玉のモチモチした食感とシロップのあっさりした体にやさしい甘さと素朴でなんだかとってもなつかしい味☆
日本の夏にはぴったり!
簡単なので作ってみてくださいね♪

材料 (5人分)

260g
300g弱
☆水
2ℓ

1

写真

白玉粉に水を加えよく耳たぶぐらいのかたさぐらいになったら丸めて、沸騰した湯の中でゆで、浮き上がってきたら流水にさらしぬめりをとり冷やしておく。

2

写真

水1ℓにザラメ500gとはちみつ50gを強火で溶かしさらに中火で200gぐらいになるまでどろどろのカラメル状に煮詰めていく。

3

写真

カラメル状の凝縮したシロップに水を1ℓ加え強火で再度火にかけ溶かしシロップが900g~1ℓになるぐらいに煮詰める

4

写真

あら熱がとれ冷めたらガラス瓶に入れて流水または冷蔵庫で冷やしておく。
これで蜜が完成!

5

写真

器に白玉粉と冷たく冷やしたシロップを注ぎ氷を1~2個浮かべてできあがり♪

コツ・ポイント

★蜜をカラメル状に煮詰める時、絶対に焦がさないこと。 ★白玉団子は冷蔵庫に入れるとかたくなるので流水で冷やすともっちりとやわらかい白玉団子になります。 ★出来上がったシロップはよく冷やしたほうがおいしいです。

このレシピの生い立ち

島原市内、白土桃山2丁目、浜の川・通称「はまんかわ」に「銀水(ぎんすい)」という有名な店があった。90歳近くまで現役のおばあちゃんが長年ひとりで店を切り盛りしておられ「浜ん川ん銀水ん寒ざらし」と市民にも親しまれ、有名人もお忍びで、おばあちゃんと寒ざらしと店の雰囲気を目当てにたびたび訪れてた。かくいう私も亡き母とよく通った店で母から聞いた素材で「銀水」の味に近い懐かしい味がよみがえった。
レシピID : 602320 公開日 : 08/07/01 更新日 : 08/07/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

22 (22人)

18/07/08

写真

実はもう何度も作ってます!優しい美味しさ♡大好評でした♪♪

ERUFU

暑い夏にはこの甘さ、身体にしみます♪何度もリピあありがとう!

17/06/12

写真

昔島原で食べた時高いなぁと思ったけど、シロップの手間で納得。

霧トン

手間暇=値段かな。昔小学生だった私も高額な食べ物でした(笑)

17/04/30

写真

懐かしい銀水の味に仕上がりました。美味しかったです(*^^*)

momonaomam

懐かしい味、私も童心に返ってあのお祖母ちゃんを思いだします♪

16/09/04

写真

シロップ大変だけど、おいしかったです♡

★まめさん★

手間暇かかるシロップ、手をかけた分だけ保存も可。ありがとう☆

1 2 3 4 5