玄米と青菜のリゾット風

玄米と青菜のリゾット風

Description

アメリカではどのスーパーマーケットでも見られるSwiss Chard、日本では聞いたこともなかった野菜ですが、これが玄米と妙に合います。和名は不断草(ふだんそう)というようです。もし手にはいれば、ぜひ。なければ他の青菜でも。

材料 (4−6人分)

玄米
2合
不断草
6、7枚
テンペ
2枚
2片
大さじ4
大さじ2
塩、こしょう
適宜

作り方

1

玄米は一晩水につけておく。
少し多めの水加減で炊く。

2

テンペを一口大に切り、オリーブオイル大さじ2できつね色に炒める。塩で味つけする。

3

残りのオリーブオイルを足し、にんにくみじん切り、不断草ざく切りを加え、塩をして加熱。水分が出てきたら白ワインを加える。

4

まだ水分が残っているところに炊きあがった玄米を入れ、全体をなじませる。味をみて塩、こしょう。できあがり。

コツ・ポイント

玄米は別に炊くのでリゾットではないのですが、青菜の水気でちょっとリゾットっぽい仕上がりになります。テンペなしでもおいしい。

このレシピの生い立ち

玄米を洋風に料理するのもおもしろいと思って、家にあるものでたまたま作ってみたらおいしかった。ヒッピームーブメントを知っている夫はヒッピーフードだと喜びます。ヒッピーフードって日本人の口に合いそう。
レシピID : 608330 公開日 : 08/07/10 更新日 : 08/07/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (4人)

19/02/22

写真

ご無沙汰です✿美味しく頂きました♪昨年秋に息子授かりました^^♪

Arsinda

ご出産おめでとうございます!いつかお会いしたいですね♪

14/01/31

写真

また食べたくって玄米を炊きました^^不断草たっぷり目が美味しい♡

Arsinda

普通に青菜とご飯だけなのに私もなぜかすごく好き。レポ有難う♬

14/01/30

写真

ワインがいい!!白米&高野豆腐でしたがとっても美味♡ご馳走様♡♡

Arsinda

白米でもおいしく召し上がって頂けてヨカッタ〜♪つくれぽ有難う

13/03/10

写真

不断草が手に入ったので。今回は雑穀米で。次は玄米で作りたい!

めもまみむ

不断草の緑、テンペの焼け具合、完璧ですね♬これはおいしそう!