【野菜ソムリエ】京たけのこのばら寿司

【野菜ソムリエ】京たけのこのばら寿司

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。京たけのこをばら寿司で頂いてください。旬の味わいをご家族でどうぞ。

材料 (4人分)

京たけのこ(下処理済)
1本(約210g)
京あげ
80g
ちりめんじゃこ
45g
3合
※鍋で炊く場合 水
約650ml(米の体積の2割増し)
紅生姜
適量
刻み海苔
適量
(A)
砂糖
大さじ1
大さじ1
大さじ1
大さじ1
昆布茶の素
小さじ1/3
<合わせ酢>
砂糖
48g
5g
60ml

作り方

1

写真

下処理した京たけのこ(※)を、よこ3mm程度の厚みでスライスし、食べ易いサイズにきざみます。

2

写真

※たけのこの下処理は、【京たけのこの下処理】を御参考にして下さい。下処理参照ID:6088287

3

京あげを油抜きし、5㎜×3cm程度の短冊切りにします。

4

1と3を鍋に入れ、かぶるくらいの水と(A)を加えて火にかけ、沸騰すれば中火で10分程度煮込みます。

5

4が煮上がればざるに移し、水分を切っておきます。

6

写真

米は炊飯器で通常の水加減をして炊いて半切りに移し、合わせ酢、ちりめんじゃこ、5を合わせ、しゃもじで切るように混ぜます。

7

皿に盛り付け、紅生姜ときざみ海苔を振りかけて仕上げます。

コツ・ポイント

京たけのこのうま味や甘味を活かすため、具材を煮込む調味料は量を控え気味にし、余計な具材を加えないことです。

このレシピの生い立ち

京のブランド産品、旬の京たけのこは、灰汁が少なく、えぐみのない、甘味を感じることができるのが特徴です。これを活かして、旬を家族みんなで味わうことができる様にばら寿司にしました。
野菜ソムリエプロ<髙田次郎>考案レシピ。
レシピID : 6088410 公開日 : 20/04/15 更新日 : 20/04/15

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」