【野菜ソムリエ】京たけのこの木の芽和え

【野菜ソムリエ】京たけのこの木の芽和え

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。京たけのこの風味を楽しめる優しい味付けです。青寄せを使用せず綺麗な色に仕上げます。

材料 (2人分)

京たけのこ(中央から根元部分)
100g
木の芽(和え衣用)
20g
40g
砂糖
小さじ1/2
木の芽(飾り用)
適量
(A)
130ml
小さじ1

作り方

1

下処理をした京たけのこは1cm角のさいの目に切り、鍋に入れてかぶるくらいの水を入れ、さっと茹でこぼします。(清ゆで)

2

※たけのこの下処理は、【京たけのこの下処理】を御参考にして下さい。下処理参照ID:6088287

3

1をざるにあげ、人肌程度まで冷まします。

4

鍋に(A)と3を入れて蓋をせず中火にかけます。沸騰すれば弱火にし、5分煮て消火し、煮汁に浸けたまま冷まします。

5

木の芽は軸の固い部分があれば取り除き、すり鉢に入れてすります。

6

5に白味噌、砂糖を順に加えてすり混ぜ、4の煮汁を小さじ1程度加えて固さを調節します。

7

6に汁気を切った4を加えて和え、盛り付けます。

8

飾り用の木の芽を軽く膨らませた手のひらに挟み、空気圧でポンと叩き天盛りにします。

コツ・ポイント

清ゆですることで糠臭さが取れ、ざるにあげて冷ますことで味が入りやすくなります。木の芽をたっぷり使うと香よく青寄せがなくても色が綺麗。すり鉢がなければ、包丁で細かく刻んでも良いです。

このレシピの生い立ち

白味噌により、塩分が異なります。砂糖や煮汁の量は好みで加減して下さい。イカや独活を加えても◎穂先や姫皮部分を使ったミルフィーユもご参考に。参照ID:6089486((野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案レシピ。

レシピID : 6089467 公開日 : 20/04/08 更新日 : 20/06/24

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

20/05/06

First tsukurepo mark
写真

大好きな春の味!初めて自分でつくりました。つい、あったスナップえんどうも入れてしまいましたが。美味しいレシピありがとうございます

kaeru1gou