京たけのこと豚肉のミルフィーユ

京たけのこと豚肉のミルフィーユ

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。フライパン一つで手軽に出来ます。

材料 (2人分)

京たけのこ(穂先、姫皮)
100g
豚ロース肉(生姜焼き用)
6枚
80ml
粒マスタード
大さじ1
塩・胡椒
各少々
小さじ1

作り方

1

下処理をした京たけのこ(※)は穂先を5mm厚さに切り、姫皮を1cm幅の短冊切りにします。

2

※たけのこの下処理は、【京たけのこの下処理】を御参考にして下さい。下処理参照ID:6088287      

3

豚肉は軽く筋切りし、片面に塩・胡椒をふります。

4

写真

冷たいままのフライパンにオリーブ油をひき、豚肉を2枚広げます。豚肉と京たけのこを交互に3回重ねます。

5

4を強めの中火にかけ、薄く焼き色がつけば白ワインを入れて弱火にし、蓋をして7~8分蒸し煮にして器に取り出します。

6

フライパンに残った蒸し汁を少し煮詰めて粒マスタードを加え、さっと煮て塩・胡椒で味を調えます。

7

6を5にかけて、イタリアンパセリを散らします。

コツ・ポイント

塩・胡椒は控えめにしないと辛くなります。ソースを煮詰める時は、気持ち手前で粒マスタードを加えてください。そのあと煮詰めすぎると香りがとぶので一度煮立てば消火します。

このレシピの生い立ち

穂先や姫皮の部分を、汁の具や和え物以外で使い道はないかと考え、作成しました。筍のそれぞれの部位に合った使い方を紹介します。根元・中央部を使った木の芽和えもご参考に。参照ID:6089467野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案レシピ。
レシピID : 6089486 公開日 : 20/04/13 更新日 : 20/04/14

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」