レンチンde簡単☆小松菜のおかか醤油和え

レンチンde簡単☆小松菜のおかか醤油和え

Description

「お弁当のおかず」としても重宝な1品。小松菜は安価な時が多く、電子レンジ、キッチンバサミ、耐熱容器で5分以内で作れます。

材料 (2人分)

小松菜
2~3本
削り節
小分けパック小袋1袋分 (2.5gほど)
しょうゆ
小さじ1/2~1ほど
 
※小松菜の大きさによる総量に応じて、お好みにあわせて各調味料の量は加減して下さい。
※電子レンジでの加熱時間はあくまでも目安です。様子をみながら加熱時間は加減調整して下さい。
※小松菜は電子レンジで加熱しすぎてしまうと柔らかくなりすぎてしまう場合があります。また冷たい流水ですぐに冷まさないと変色もしてさらに一段と柔らかくなりすぎて風味を損ねてしまう場合があります。水気を絞る際に柔らかさすぎると形状が崩れてしまう場合もあります。1分30秒を目安にして加熱しすぎないようにして冷たい流水で冷ますと、小松菜の色合いよく、食感もよく美味しくいただきやすいです。
※お弁当のおかずなので、水っぽすぎると他のおかずに風味が移ってしまったり、移動中に汁がこぼれてしまう場合もあるので、小松菜の総量、水気の絞り切り具合、しょうゆの量によっては水気が多い状態になってしまう場合があります。お弁当に入れる際水っぽすぎるのが気になる場合はさらに水気を切ったり、カップなどに入れてお弁当に入れて下さい。
※キッチンバサミで調理していますが、普段の使い慣れた包丁、まな板などで調理をされたい場合はいつもの道具を使って調理して下さい。慣れにもよりますが、キッチンバサミを使えばより手早くでき、後片付けも楽に作れると思います。
※ラップなどにくるんで小分けにして、密封袋などに入れて冷凍保存しておくといつでも使えて便利です。でも冷凍後、水気がでやすいので、改めて手で絞りなおしたり、ペパータオルなどの上にのせて水気をきった方が、お弁当のおかずとして水っぽくならず、お弁当から汁がこぼれたり、他のおかずに味移りしにくくなるので、冷凍保存後は改めて水気を切ることを推奨します。それとなるべく冷凍保存後も早めに使い切って下さい。

作り方

  1. 1

    小松菜は根本を落としてよく洗ったら、キッチンバサミで茎の部分を2~3mm幅に切りそろえる。

  2. 2

    葉の部分は細かいざく切りにする。

  3. 3

    電子レンジ対応の耐熱容器に小松菜の茎、小松菜の葉の順番に入れラップをして600Wの電子レンジで約1分30秒加熱調理する。

  4. 4

    加熱調理を終えたら冷たい流水ですぐに冷まし、水気を手でしっかりと絞りきる。

  5. 5

    耐熱容器に小松菜を戻し、削り節、しょうゆを入れてよく混ぜ合わせて仕上げる。

  6. 6

    写真

  7. 7

    写真

コツ・ポイント

ブログでの「レンチンde簡単☆小松菜のおかか醤油和え」の作り方~!→http://nobunobu2019.livedoor.blog/archives/6051175.html

※レシピのタイトルや作り方は、一部変更しています~♪

このレシピの生い立ち

お弁当のおかずとして重宝している1品。レンチンでとても簡単に作れて、味付けもとても楽々。キッチンバサミを使えばさらにお手軽。耐熱容器とキッチンバサミ、レンチンで5分かからずに作れるので時間のない朝に重宝☆小分けして冷凍保存すればストックに。
レシピID : 6100785 公開日 : 20/03/26 更新日 : 20/03/26

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

1 (1人)
写真

2020年5月21日

初れぽ

一株でごま油も足して分量だいたいで作ってみました!簡単に一品出来て美味しかったです!

コメントを書くには ログイン が必要です