お赤飯

お赤飯
我が家のお赤飯は、大正金時を使います。
金時豆が薄甘く柔らかくおいしい大人気のお赤飯です。

材料 (蒸し器で2ふかし分くらい)

もち米
1升5合
大正金時
300g
 砂糖
適量
 
しと
 湯・砂糖・塩

1

金時豆は一晩水につけて戻し、新しい水にかえて火にかけ、
沸騰したらその煮汁はボールにとり、新しい水を入れて煮る。
30~40分くらい煮たら、薄甘くなるくらいに砂糖を加えて
なるべく皮が破けないように少し堅めに煮る。

2

ボールにとっておいた煮汁は、もち米が浸る程度に水を足し
食紅(微量)で淡いピンクにして、洗ったもち米をつけて一晩おく。

3

写真

一晩つけたもち米をざるにあげ、薄甘く煮た金時豆を適量あわせ、布巾をしいた蒸し器に入れて、中央を低く 周りを高くして30分くらい蒸す。

4

周りと中央部分のもち米を入れ替えてから、しとをうつ。
しとはお湯に砂糖と塩を少量とかしたものを使い、もち米の上からまんべんなくかける。
しとは二回ぐらいうつとよい。

5

写真

あと10~20分ぐらい好みのかたさまで蒸す。
蒸し上がったら飯台などにあけておくとべたつかない。

コツ・ポイント

普通のお赤飯と比べて、特に変わった作り方ではありません。ただ、金時豆を少し甘めに煮ておくことがポイントです。

このレシピの生い立ち

大正金時を使うお赤飯は、私の母の出身地である長野県のもののようです。小さいときから母がよく作ってくれた、おふくろの味でもあります。
レシピID : 61209 公開日 : 02/08/01 更新日 : 05/04/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

17/09/18

First tsukurepo mark
写真

我が母は新潟出身。小さい頃からお赤飯は金時豆です✨敬老の日に✨

みやちっこ

新潟は金時なのですね♪美味しいですよね(^-^)