そうめん・ボンゴレ・ビアンコ__Japanese vermicelli, Somen Vongole Bianco

そうめん・ボンゴレ・ビアンコ__Japanese vermicelli, Somen Vongole Bianco
アサリが無くてもおいしい、バター風味のピリ辛そうめん。

材料 (1人分)

あさり
12~15粒
そうめん
100g
姫ねぎ(又はパセリ)
大さじ2
小さじ2/3~
1/2本~
大さじ2
適量
黒胡椒
少々
100CC
水(茹で汁)
20CC~適量
 
219yen for 1 person

1

写真

塩抜きされたあさりは3%の塩水で、念のためもみ洗いする。→次に真水でよく洗いざるにあけておきます。

2

写真

そうめん用のお湯を沸かしはじめます。→姫ねぎは小口切り、赤唐辛子も同様、種は取り除く。(パセリの葉の場合はみじん切り
*赤唐辛子は1/2本で程よくピリッと下に残ります。お好みで調整してね。

3

写真

そうめんを茹でる。(袋に記載の茹で時間よりも1分半~2分早めにざるに取り上げる。(注)茹で汁を少し残しておきます。(ちなみに、3分と記載のそうめんは1分半茹でました。)→水でよく洗う。

4

写真

フライパンにマーガリンを溶かしておろしにんにくを軽く炒める。→ワイン、茹で汁、赤唐辛子を加えて沸騰したら、アサリを入れてしばらくふたを閉めて蒸す。→アサリが完全に開いたら、塩で味を整える。液体が煮詰まって足りないようなら、茹で汁を足して調節します。

5

写真

④に姫ねぎ(又はバセリ)、そうめん、黒胡椒を入れてよく絡めて、塩気が足りなかったら塩を足します。
*盛り付けは、アサリをむいたものと飾り用に殻つきと分けてもよい。

コツ・ポイント

アサリの効用:肝臓強化、貧血予防、タウリンがコレステロール排出、血液改善。!注意!市販のものは大丈夫だと思いますが、夏のアサリは産卵期に入り、生殖巣に毒を持つことがありますので、夏にはあまり食べない方がよいでしょう。風味も落ちます。
でも大丈夫、レシピはアサリ抜きでもおいしいはずです。

このレシピの生い立ち

京都の創作料理店で食べたアサリ無しのバター風味のそうめんパスタの味はこんな感じでした。

*イタリア語でボンゴレはアサリ、ビアンコは白色のこと。
レシピID : 61692 公開日 : 02/08/09 更新日 : 02/08/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」