離乳食後期★ひじきと鮭の豆腐ハンバーグ

離乳食後期★ひじきと鮭の豆腐ハンバーグ

Description

鉄分やカルシウムが豊富な豆腐ハンバーグです!この時期の赤ちゃんは鉄分が不足してくるので栄養補給に最適です♪

材料 (生後9~11ヶ月頃・直径5cm8個分)

絹ごし豆腐
1パック(150g)
鮭の切り身
30g
人参
30g
芽ひじき
大さじ1と1/2
大さじ1~2

作り方

1

写真

豆腐を2枚重ねにしたキッチンペーパーで包み、耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ500Wで約3分加熱する。

2

写真

キッチンペーパーを取り替えて、その上に平皿などの重石をのせてしばらく放置する。

3

写真

水を入れたボウルにひじきを入れて約5分間水戻しをする。柔らかくなったらザルにあげて水気を切り、細かくみじん切りにする。

4

写真

人参は柔らかく茹でて、5~8mm角に切る。

5

写真

鮭は沸騰したお湯で火が通るまで茹で水気を切る。皮と骨を取り除き、食べやすい大きさにほぐす。

6

写真

ボウルに水切りした豆腐・ひじき・鮭・人参・片栗粉・薄口しょうゆを入れて混ぜる。

7

写真

大きめのフライパンを熱し、オリーブオイルを薄くのばし、スプーンで形を整えながら豆腐ハンバーグを焼いていく。

8

写真

中火で約3分、片面の焼き色をつける。豆腐ハンバーグの端が固まってきたらひっくり返す。

9

写真

ひっくり返したら蓋を閉めて、約2分半くらい焼く。

10

写真

裏面も焼き色がついていたら、器に盛って出来上がり。

11

写真

くらこんの水戻し不要の芽ひじきは下処理が短時間ですむので便利です。

12

写真

野菜は時間がある時に茹でておけば時短が可能です。野菜ストックはレシピID:6141565をご参考ください。

コツ・ポイント

ひじきは鉄分やカルシウムなどが豊富ですが消化があまり良くないので、1日1食にして下さい。赤ちゃんにあげる豆腐ハンバーグの個数は2~3個にして、残ったら冷凍保存して下さい。

このレシピの生い立ち

ひじきを使って息子がパクパク食べれるようなご飯を作りたくて♡
レシピID : 6170606 公開日 : 20/04/26 更新日 : 20/05/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

2020/12/15

写真

パクパク食べてくれました ☺︎* 右です。

sAix59

2020/08/04

First tsukurepo mark
写真

ひじき→わかめ、片栗粉大1で作りました!食べてくれて良かったです◎ご馳走様^^*

ふすこ