ヨーグルトの国ブルガリアのまっしろスープ

ヨーグルトの国ブルガリアのまっしろスープ

Description

ヨーグルトに卵、不思議な組み合わせで新しいおいしさ発見!
いろんな常識がひっくり返る、作るのも食べるのも楽しい料理です。

材料 (1人分)

ヨーグルト(無糖)
150g
1個
バター
20g
パプリカパウダー
少々
少々

作り方

1

写真

材料をそろえる。にんにくはすりおろす(なしでもOK)。

2

ヨーグルトに塩とにんにくすりおろしを加え、スプーンでまぜてなめらかなクリーム状にする。大人は胡椒を少し入れても◎

3

写真

ポーチドエッグをつくる。
鍋にお湯をわかし、沸騰したら弱火にして酢(水1Lに対して大さじ3、分量外)を加える。

4

写真

箸で渦を作り、真ん中に卵を割り落とす。2〜3分ほどして固まってきたら、取り出して器にとる。

5

写真

ソースを作る。フライパンにバターを入れて熱し、溶かす。パプリカパウダーを入れ、焦げる前に火を止める。

6

写真

器に重ねて盛り付けていく。
ポーチドエッグ→ヨーグルト→ソースの順。
パセリがあれば散らすと、ブルガリア国旗の色になる。

7

写真

熱々と冷え冷えを混ぜて召し上がれ!白いパンがほしくなります。ブルガリアではパンと一緒に食べます。

8

他の家庭で教わった、フェタチーズを入れる版はこちら。「ヤイツァ・ポ・パナギュルスキー」が現地名です
ID:5199709

コツ・ポイント

バターの半量を植物油にかえると、焦げ付きにくく失敗が防げます。
ヨーグルトに加える塩気は強めでもおいしいです。バターの有塩・無塩によっても変わるので、調節してください。
ヨーグルトは、明治ブルガリアヨーグルトがおすすめ。現地の味に近いです。

このレシピの生い立ち

ブルガリアの友人に教えてもらいました。
この料理の元々の作り方はフェタチーズを入れるのですが、彼女のお母さんはきらいだから入れないのだそう。作ってみたらこちらの方が好みの味で、その上日本でも作りやすい!実験を楽しみながら作ってほしいです^^
レシピID : 6172521 公開日 : 20/05/15 更新日 : 20/10/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

6 (6人)

2021/06/18

写真

初めての組み合わせで、しかも手元にある材料ばかり。驚きました。こんなに美味しいスープ。また、作ります。レシピありがとうございます

横浜発国際料理教室

2021/03/11

写真

テレビを見たので作ってみました。意外といける!美味しかったです。

いまこ1214

2020/11/01

写真

ヨーグルトの酸味が和らいで、大蒜の辛味が効いて美味しかったです。

なおlove

2020/10/29

写真

TVで見て作ってみました。これは美味しいです!ヨーグルトは苦手なんですがこれなら食べれる!パプリカがなかったのでバターのみです。

kyolochan

×
「いいね」を伝えるには
ログインが必要です
ログインする
0 いいね