アガーで晩柑ゼリー

アガーで晩柑ゼリー

Description

晩柑をそのまま食べるより美味しい!アガーは生後8ヶ月から、ゼラチンは1歳半からOK。

材料 (4)

晩柑
2個(果汁200cc)
200cc
砂糖
40g
10g

作り方

1

写真

晩柑を半分に切り、ボウルに果汁と果肉を出す。
小房の皮や種は取り除く。

2

写真

砂糖とアガーを混ぜておく。
小鍋に分量の水を入れ、少しずつダマにならないように混ぜる。
中火で混ぜながら軽く沸騰させる。

3

写真

常温の晩柑果汁を混ぜ、皮に注いで冷蔵庫で冷やして出来上がり。

コツ・ポイント

アガーは海藻からできていて、寒天よりプルンとしています。
粉ゼラチンで作る場合は、粉ゼラチンが浸るくらいの水を混ぜてふやかしておいて、お湯と砂糖を沸騰させたら火を止めてゼラチンを混ぜて溶かし、果汁を加えてください。

このレシピの生い立ち

有機野菜「緑のゆうき」さんの野菜セットに晩柑が入っていたので。
果物の皮に入っているデザート、なぜか懐かしいですね。苦味も含めて、とってもおいしいのですが、うちの1歳児には少し早かったかな?小学生はおいしいおいしい!と喜んで食べていました。
レシピID : 6182593 公開日 : 20/04/30 更新日 : 20/04/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」