スコーン

簡単に作れます。失敗知らずです。
とにかく、細かいことは気にしないで作りましょう。
たくさん作って、旦那さまの早番の時の朝食にすることもあります。

材料 (10個分くらい)

薄力粉
250g
小さじ3 1/2
バター
80g
砂糖
大さじ2(☆)
1つまみ(有塩バターなら、なし)
Mサイズ1こ(☆)
牛乳
80cc(☆)

1

ボールにザルを重ねてはかりに置き、薄力粉とベーキングパウダーを量る。
そのままふるってしまいましょう。
無塩バターを使うときは、ふるう前に塩を加える。

2

1にバターを加える。バターはキンキンに冷えたモノを。粉をまぶしながらバターを刻んでいく。私は、ハンバーグとかに使うナイフを使ってどんどん刻んでいきます。
溶けないうちに、手早く!

3

ある程度細かくなったら、こんどは指で更に細かくします。粉チーズ状になるまで。
バターはつぶす、というよりすり混ぜる、と言う感じ。
粉とバター粒を両手ですくい、両手をこすり合わせるようにしていくとうまく行きます。

4

気温が高いようなら、3を冷蔵庫に入れておく。
☆印の材料をよく混ぜる。卵のコシを切るようにする。泡立てないこと!

5

4を3に混ぜる。
手を数字の4の形にして、指で大きくかき混ぜる感じ。混ざってきたら、ひとつにまとめる。
水分が多かったりすると、べちゃっとしますが、気にしない。そう言うときは、ラップに生地をとり、まとめて冷蔵庫で30分くらい冷やします。

6

強力粉を台に多めにふり、生地を乗せる。生地の上には更に粉をふる。

(面倒くさいときは、ラップに生地をとり、更にその上にラップを重ねてます^^;)

7

生地を1.5cmの厚さにする。めん棒を使ってやることもありますが、適当に手で広げちゃうこともあります。
ガラスコップで型抜きします。

8

オーブンシートを引いた天板の上に型抜きした7を乗せ、220℃で12分焼きます。

コツ・ポイント

バターはキンキンに冷やしましょう。
バターと粉を混ぜるところは丁寧に、後は細かいことは気にせず作ることがポイントです。
もちろん、冷凍保存ができます。

このレシピの生い立ち

たぶん、テレビの料理番組のメモだと思います。
学生の時からのレシピ集の中で、一番作ってるかも。
レシピID : 62104 公開日 : 02/08/16 更新日 : 05/04/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」