この方法なら出前より美味しいぞっ! ふんわり卵の親子丼

この方法なら出前より美味しいぞっ! ふんわり卵の親子丼
親子丼は簡単なようでいて実は難しい。丼物の秘訣は煮加減なんです。卵に重点を置くと鶏肉が固くなるし、鶏肉に重点を置くと卵に火が通りすぎる。ふんわりのコツは材料の切り方にあり!店屋物がとれなくなっちゃう親子丼です。

材料 (1人分)

鶏もも肉
40g
1個
玉葱
1/6個
長ネギ
5cm
三つ葉
適宜
ゆず
少々
  合わせだし(ダシ3:カエシ1)
75cc
生かえし(本味醂+生醤油、1:1)
25cc
(甘目がお好きな方に)砂糖
一つまみ

1

写真

だし:かえしの割合は3対1です。生かえしは、本味醂と生醤油を1:1で合わせ一週間ほど寝かせたものです。レシピID: 56932を、参照ください。 子供のいる家庭なら、砂糖を一つまみ程度加えてもいいですよ。

2

写真

玉葱と、ネギは、薄くスライスします。※鶏との火加減の通し方が均一になるように、必ず薄くカットしてください。

3

写真

鶏肉は、2~5mmにできるだけ薄く切る。薄くすること!実はここがポイントです。野菜、卵に、均一に火が通ります。※鶏の歯ごたえが好きな人はあらかじめだし汁で鶏肉を一煮立ちしておく。

4

写真

だし汁、かえしを入れた小鍋に鶏肉を入れ上に短冊切りした長ネギと薄くスライスした玉葱をおき、火を点火する。たれは、材料が浸るぐらいがベストです。

5

写真

鶏肉がほんのり白くなり、ネギがしんなりとしたら、三つ葉とゆずの皮を入れる。このタイミングが重要です。^^

6

写真

大急ぎで、すかさず溶き卵をくるりと回しかける。

7

写真

卵が、半熟程度になるくらい(5秒程度)蓋をする。

8

写真

材料を薄く切ることで、全ての材料がうまく火が通ります。特に鶏肉はすごく柔らかく美味しくいただけますよ。ゆずと三つ葉のの香りが、とてもイイです。海苔なんかも加えるとイイですね。^^

コツ・ポイント

生かえしは、本味醂と生醤油を1:1で合わせ一週間ほど寝かせたものです。合わせたばかりだと、美味しくないので必ずねかせてください。レシピID: 56932を、参照ください。

このレシピの生い立ち

いろいろ、やってみましたが、なかなか鶏、卵、野菜の絶妙なタイミングが合いませんでした。材料を薄く切ったら全ての材料がうまく火が通りました。鶏がジューシーで柔らかいです。
レシピID : 62546 公開日 : 02/08/22 更新日 : 02/08/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」