屋久島のオオヒメと長島のアオサでマース煮

屋久島のオオヒメと長島のアオサでマース煮

Description

屋久島のオオヒメ(クロマツ・白身魚)を五島列島の矢堅目の藻塩、長島のアオサで沖縄料理のマース煮。あっさりと優しい味です。

材料 (3~4人分)

屋久島のオオヒメ(白身魚)40㎝、1.4キロ
1尾
木綿豆腐(島豆腐でも)
350g
長島のアオサ
5g~(お好みで)
五島列島の矢堅目の藻塩
大さじ1~(お好みで)
400ml~(お好みで)

作り方

1

写真

鹿児島県屋久島、屋久島ロックから届いた、オオヒメ。内臓処理の真空冷凍パックなので、解凍後洗って使えます。
通販あります。

2

写真

鍋に入りきらなかったので、カットしてますが、入る場合は丸ごとで大丈夫です。
湯霜(臭み抜き)や水洗いはしっかりと。

3

写真

魚が3分の1ぐらいつかるまで、お酒を注ぎます。
蓋をして、アルコール臭が消えるまで、煮だたせます

4

写真

アクが出てくるので、キレイにお掃除します。
薄味なので、風味や味に影響してきます。

5

写真

魚がつかるくらいまで、水を入れて沸かします。
沸いたら、五島列島の矢堅目の藻塩で味をきめます。

6

写真

隙間に豆腐を入れて、15分ほど煮込みます。

7

写真

長島のアオサ(礒永水産)を入れて、3分ほど煮込めば完成。
しめは、ご飯で雑炊、焼きそばの太麺を湯がけば、沖縄そば風に。

コツ・ポイント

お酒と塩、魚の出汁で仕上げるシンプルな料理です。魚の臭み抜きや下処理はしっかりと。

このレシピの生い立ち

祖父が鹿児島県・奄美大島の出身。全国の島の風景や島料理の写真、島の食材を使った創作料理、おうちごはんの紹介。島旅や島に関するイベント企画、島とつながるための活動をしています。
「brog」
https://note.com/shimaiki
レシピID : 6256140 公開日 : 20/05/26 更新日 : 20/10/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

20/11/20

First tsukurepo mark
写真

アコウ(キジハタ)でやってみました、クッソ旨かったです

piropii