絶品✨しょうがたっぷり イワシの蒲焼

絶品✨しょうがたっぷり イワシの蒲焼

Description

丁寧に下処理したイワシを、しょうがたっぷり、少し甘めのタレにからめた蒲焼…お子様も食べやすいですよ♪

材料

イワシ
4〜5尾
【下味】
大さじ2
【タレ】
大さじ2.5〜3
☆酒
大さじ2.5〜3
大さじ2.5〜3
☆醤油
大さじ2.5〜3
☆水
大さじ2.5〜3
大さじ4〜5
サラダ油
大さじ2〜3

作り方

1

写真

イワシは、頭を切り落とし、内臓を出し、中骨に沿って手開きにする。

2

写真

小骨が気にならなければ、開いたままでも良いのですが、背びれと腹骨を削ぎ取る。

3

写真

小さいお子さんがいたり、小骨が苦手なら、骨抜きで丁寧に抜き(指を身に沿わせれば骨があたる)中心で二つに切り身にする。

4

写真

下味と臭み取りも兼ねて、酒としょうがに漬ける。(すぐに調理しない時は、ジッパーに入れておけば、いつでも使える)

5

写真

ペーパータオル等で、④の水分を拭き取り、片栗粉をまぶす。(ビニール袋で空気を含ませてふれば、早い)

6

写真

片栗粉をまぶしたら、すぐに焼き始める。フライパンに油を熱し、⑤を入れ、表面に焼き色が付き、カリッとするよう焼く。

7

写真

⑥を一旦、取り出し、フライパンの油を拭き取る。
合わせ調味料を入れ、煮立ってきたら、戻し入れ、生姜も加える。

8

両面汁気がなくなるくらいまで焼き、煮汁をからませたら出来上がり。

9

熱々出来立ても良いですが、冷めても、お弁当にも美味しくいただけます。

コツ・ポイント

より食べやすくするなら、イワシの背ビレと小骨を丁寧に取り除いて下さい。
油多めで、揚げ焼きくらいにカリッと焼いて下さい。

このレシピの生い立ち

手開きは簡単にできますが、背ビレや小骨が多く舌触りが悪いので、骨抜き等を使って丁寧に取り除いています。
フライや天ぷら等の揚げ物であれば、あまり気になりませんが、蒲焼はこの一手間はかかせません。
レシピID : 6267184 公開日 : 20/07/04 更新日 : 20/07/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」