≪取分け離乳食≫初期から使える野菜スープ

≪取分け離乳食≫初期から使える野菜スープ

Description

大きく切った野菜をやわらかく煮るだけ!
1回分作れば、離乳食にも大人のごはんにも使えます。

材料 (大人2人分)

にんじん
1本
たまねぎ
1個
じゃがいも
1個
3カップ(600㎖)
※野菜はお好みでOK。ただし、繊維が多いものは避けましょう

作り方

1

写真

野菜を適当な大きさにざっくりとカットする。
(写真はにんじん、玉ねぎ、じゃがいもを使用)

2

写真

鍋にだし汁と1を入れて、中火で煮る。煮立ったら弱火にして、ふたをして煮る。

3

だしをとらなくても、市販のだしパック(かつお節や昆布等、天然素材だけのもの)と水600㎖、野菜を一緒に煮てもOK

4

菜箸がすっと突き刺せるぐらいやわらかくなったらOK
(野菜の大きさによりますが、20~30分程度)

5

写真

野菜を取り出し、だし汁を加えながらすりつぶす。
最初の頃は、なめらかにすりつぶします。

6

写真

慣れてきたら、フォークでつぶしてもOK。
水分が足りない時は、だし汁を足して調節を。

7

離乳食に慣れてきたら、豆腐やお刺身を加えて煮ると、主菜と副菜が一緒に摂れます。

8

離乳食用に取り分けたら、残りはみそやしょうゆ、トマト缶やカレールーを加えて、大人用にアレンジできます。

コツ・ポイント

レシピで使用した野菜以外にも、大根やかぶ、かぼちゃ、キャベツやブロッコリー、トマトなど、煮るとやわらかくなる野菜がおすすめです。

このレシピの生い立ち

「大変!」と思われやすい離乳食づくりが、少しでもラクに楽しくできるように、レシピを紹介しています(横浜市金沢区福祉保健課健康づくり係)
レシピID : 6275039 公開日 : 20/06/03 更新日 : 20/06/03

このレシピの作者

横浜市役所の公式キッチンです。
横浜市の食材を使った地産地消レシピや、日々の健康づくりに役立つレシピをご紹介します。
食に関するイベント情報などもお知らせします。横浜市役所のアカウント一覧はこちらです→http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/socialmedia/list/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」