【離乳食中期】麩とツナのミルクあんかけ

【離乳食中期】麩とツナのミルクあんかけ

Description

だし汁を含んだお麩がおいしい!便利に使えるツナと合わせます。by春日部市保健センター管理栄養士

材料 (5回分)

小町麩
4個
60ml
ツナ缶(ノンオイル)
20g
ミルクあん
育児用ミルク(調乳済み)
60ml
小さじ1/2弱

作り方

1

小町麩をだし汁でもどし、適当な大きさにちぎり、だし汁とともに鍋に入れて火にかける。

2

ツナは軽くほぐす。

3

ミルクあんを作る。
鍋に育児用ミルクと片栗粉を入れて火にかけ、よく混ぜてとろみをつける。

4

1と2を合わせて皿に盛り、3をかける。

5

だし汁は、昆布だしがおすすめ。鍋に水と昆布を入れ30分ほどおいてから、中火にかけて沸騰直前に昆布を取り出します。

コツ・ポイント

洋風にアレンジしたい時は、粉チーズをかけてトースターで焼くとミルクあんがホワイトソースのようになってグラタン風になります。

このレシピの生い立ち

常備できる乾物や缶詰を使った離乳食です。小町麩やツナ缶は離乳食にいろいろ使えるので、ストックしておくと便利です。
レシピID : 6278762 公開日 : 20/07/01 更新日 : 20/07/01

このレシピの作者

春日部市保健センターの管理栄養士が考えた、生活習慣病予防のレシピや、離乳食、妊婦さん向けのレシピをご紹介しています。料理の基本シリーズも大好評!

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」