土鍋で簡単!低温調理ステーキ☆舞茸+

土鍋で簡単!低温調理ステーキ☆舞茸+

Description

筋切りや叩かなくても安い肉が美味しくなる!
たまに温度を確認して調節するだけなので、他のおかずを作りながら手軽に作れます

材料 (4人分)

牛肉ステーキ用(できれば厚切り)
4枚
にんにくすり下ろし
適宜
まいたけ(なくても可)
適宜
塩こしょう
適宜
温度調節用のお湯
適宜
〈ステーキソース〉お好みのソースで
4人分
大さじ2
大さじ2
●砂糖
小さじ2
●醤油
小さじ2

作り方

1

ステーキ肉の上に舞茸を乗せ、軽く押しつけるように上からラップをしておく

2

その間に土鍋かお湯が冷めにくい大きめの鍋に60℃強くらいのお湯を用意する

3

一応肉の裏側にも舞茸を押しつけてから、舞茸を取り除いて、肉ににんにく&塩胡椒をする

4

耐熱のポリ袋に牛肉を平らになるように入れる。
今回は牛肉が4枚だったのでポリ袋2枚に肉を2枚ずつ入れました

5

写真

土鍋にポリ袋を沈めて空気を抜き、肉の上部に舞茸を入れて、その部分もお湯に沈むようにする

6

お湯と水で温度を60℃弱に調整して土鍋に蓋をする。
ポリ袋の上部は水が入らなければ閉じなくてもOK!蓋で挟んでも大丈夫。

7

53℃でレア
56℃でミディアムレア
59℃でミディアムとのこと。
55℃〜60℃を目指して1時間待つ

8

厚切りではなく普通の厚さのステーキ肉の場合は30分でOK

9

途中一度温度を測ってみて、下がり方により適当にお湯を足す。

温度は多少アバウトでも大丈夫らしいです。

10

1時間経ったら、ポリ袋の中に出た肉汁と舞茸、ステーキソースの材料を小鍋に入れ、煮立たせる

11

ステーキソースはお好みのソースで。
今回のは割と酸味があるソースです。

12

牛脂や油を入れたフライパンを熱し、低温調理した肉に焼き目をつけます。
中火から強火で片側1分ずつ

13

ステーキをお皿に盛り付け、ソースをかけて召し上がれ〜

14

今回は(6月)温度調整1回で、55℃前後を1時間→ミディアムレアでした!
寒い季節は温度の下がり具合をみて調節して下さい

15

後日調べた所、舞茸酵素は熱に強く60℃前後で一番活性化するそうです。
思いつきでしたが、理にかなった調理法だったかも?

コツ・ポイント

低温調理は50℃〜66℃で1時間をキープすると良いそうです。
温度を上げる時はコンロで火を入れても良いのですが、お湯を足す方が温度計とにらめっこしなくても、すぐ温度が上がるので楽だと思います。
上がりすぎちゃったら水を足せばOK!

このレシピの生い立ち

とにかく安いお肉を簡単に美味しく食べたい!

今回は冷蔵庫にたまたま舞茸があったので使ってみました。
舞茸酵素には肉を柔らかくする効果があるそうです。
低温調理+舞茸酵素で 100g 198円のお肉が柔らかジューシーに!
レシピID : 6312227 公開日 : 20/06/22 更新日 : 20/09/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」