伏見とうがらしと夏野菜の揚げ漬け

伏見とうがらしと夏野菜の揚げ漬け

Description

野菜ソムリエ考案レシピ。暑い夏、あっさり料理も良いですが、たまには野菜たっぷりの揚げ物で、パワーチャージ!

材料 (2~3人分)

伏見とうがらし
10本(約100g)
かぼちゃ
100g
ズッキーニ
1/2本
みょうが
3コ
適量
(A)
・そうめんつゆ(ストレート)
200ml
・ポン酢しょうゆ
大さじ2

作り方

1

伏見とうがらしは、ヘタの部分を手で取り、ところどころを包丁の先かつまようじでつつきます。

2

かぼちゃは5mm厚さ、ズッキーニは1㎝厚さに切り、みょうがは半分に切ります。

3

(A)を鍋に入れて火にかけ、沸騰すれば火を止めます。

4

180度の油で伏見とうがらしと2を揚げ、しっかりと油をきります。

5

熱いうちに3に漬け、しばらくおき、汁ごと器に盛ります。

6

写真

伏見とうがらしは、古くは京都の伏見地区を中心に、今では京都府内全域で作られる、細長い品種のとうがらしです。

コツ・ポイント

伏見とうがらしを丸ごと揚げます。空気が抜ける穴が無いと油がはねます。必ず、包丁かつまようじでつついてから、揚げてください。お好みで生のトマトを漬けたり、、おろし大根を添えたり、かつおぶしを振っても美味しいです。

このレシピの生い立ち

暑い夏はアッサリとした物ばかりに目がいきますが、たまには揚げ物も欲しくなります。揚げ物といっても、酸味がある漬け汁に漬けた野菜の色々。【+京野菜】毎日の食卓に、京野菜料理をあと一品、いかがでしょうか。野菜ソムリエ<鳥越よし子>考案レシピ。
レシピID : 6312705 公開日 : 20/07/13 更新日 : 20/07/13

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」