無手勝流・さくらんぼジャム

無手勝流・さくらんぼジャム

Description

サクランボ(佐藤錦)でジャムを作ってみました。極めて簡単です。材料もサクランボと砂糖だけ!誰にでも出来ます

材料

サクランボ(佐藤錦)
適量
砂糖
サクランボ量の3~4割

作り方

1

写真

サクランボ収穫の手伝いをしたら、ハネモノも含め、大量のサクランボをもらいました。食べきれないのでジャムにしましょう!

2

写真

軸を取ります。ゴミもあれば取り除きます。タネは取りません。タネにはペクチンが含まれ、ジャム化にはそれが必要だからです

3

写真

煮る鍋は、ホーローの鍋を使います。今回はミルクパンを使用しました

4

写真

サクランボをザルにいれ洗います。水を切って、乾かします

5

写真

水気を取ったサクランボを鍋に入れ、そこに砂糖をまぶします

6

写真

砂糖をまぶしたら、鍋ごと冷蔵庫に入れ、一晩程度おきます。浸透圧でサクランボから水分を引き出すためです

7

写真

冷蔵庫から鍋を出して、ジャム作りのスタートです。まずは鍋を弱火にかけます。鍋が傷つかないように木べらを使います

8

写真

弱火でじっくり煮ます。底が焦げつかないように時々かき混ぜます。あまり乱暴にやると実が崩れますので注意

9

写真

こんなんで鍋が焦げないか、大丈夫かいね?と不安になりますが、しばらくすると、どんどんと水分が出てきます。ご安心を

10

写真

しばらくすると汁気が増えてきて、それにつれ、アクもどんどんと出てきます

11

写真

出てきたアクをスプーンなどで丁寧にとります。同時に、底が焦げないように、ときどき底の方からかき混ぜます

12

写真

根気よく、アクをとります

13

写真

アクが出なくなってどろっとしてたら出来上がり

14

写真

空瓶に入れます。瓶は事前に煮沸消毒とかしておくと良いかも……いや、食品衛生上必須です。面倒臭がらずやりましょう

15

写真

温かいうちに瓶に入れて、フタのへそを押し気味にしながら閉めます。このやり方をすると、フタがしっかりと閉まります

16

写真

完成!熱が取れたら冷蔵庫に保管し、早めに食べましょう

コツ・ポイント

砂糖の量はサクランボの30~40%で/サクランボは一粒8グラムぐらいで計算/タネはジャム化に必要なペクチンが含まれているので捨てない/タネを取った場合は浸透袋に入れ必ず一緒に煮込む/加熱はとにかく弱火で/アクはしっかりと取りきる

このレシピの生い立ち

果物が残ってしまったら「ジャム化」…は、食品ロスを出さないためにも一つのアイデアでしょう
レシピ本などではレモン汁を入れるようですが、なかったので入れませんでした。素材のレベルにもよりますが、十分、美味しくできるので問題ナシですよ
レシピID : 6351289 公開日 : 20/07/14 更新日 : 20/07/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」