コチュジャン&豆板醤入り 旨辛親子丼

コチュジャン&豆板醤入り 旨辛親子丼

Description

韓国風にアレンジしたピリ辛の親子丼です。
ご飯が進み過ぎちゃうので、ダイエット中の方は見ないでください。笑

材料 (1人分)

鶏もも肉
120g
玉ねぎ
1/4個(50g)
2個
かつお出汁
100g
大さじ1
合わせダレ
15g
小さじ1/2
仕上げ用
キムチ
30g~
刻み海苔
お好みで
小ネギ
お好みで

作り方

1

鶏肉は胸肉でもOKです。
おすすめはもも肉。
鶏肉は筋を取り、一口大にカットする。
玉ねぎは少し細めのくし切りにする。

2

仕上げのキムチは軽く炒めると水分が飛んで辛味・旨味が増して良いアクセントになります。

3

タレの味が濃い目なので、できればかつお出汁の塩気は薄めが良いです。
白だしを薄めて使ってもOKです。

4

写真

鶏肉を合わせダレに漬け込む。
最低30分漬けると味が染みて美味しいです。
一晩漬けちゃっても大丈夫です。

5

写真

卵をとろとろにしたい場合は溶きほぐし過ぎないことが大事。

6

写真

ボウルに割ってとりあえず黄身を潰したら、10回ほどぐるぐると混ぜればOK。

7

写真


全然ほぐれてないじゃん!ってなりますがそれで良いです。
白身の塊がある方がトロトロになります。

8

写真

フライパンが冷たい状態から。
ごま油・鶏肉(皮を下)・玉ねぎの順で乗せ、一番上にタレをかける。

9

写真

蓋をして、中火で5分。
鶏肉だけひっくり返したらかつお出汁を入れ、再度蓋をして中火で3分

10

写真

鶏肉に火が入るまで適宜加熱する。
火が入ったら、これだと汁気が多いので少し煮詰める

11

写真

このくらいまで。
(煮詰めると少しとろみがつきます)

12

写真

一旦火を止め、溶いた卵の半分~2/3を「の」の字を書くように回し入れる
軽く鍋を揺すって均したら点火し、中火にする。

13

写真

ふつふつと全体が沸いてきたら、残りの卵を中央に流し入れる。
蓋をして弱火にし、10秒待つ。

14

写真

生っぽいところもありますが、そのままご飯の上に流し込んじゃってください。
食べる頃にはいい感じに半熟状態になってます。

15

写真

お好みでキムチ・刻みのり・小ネギを乗せたら完成。

コツ・ポイント

ポイントは鶏肉をしっかりとタレに漬けてあげること。味が浸み込んだ鶏肉と、やさしいトロトロの卵がすごくマッチします。
鶏肉と玉ねぎを焼くとき、蓋をしないとタレがものすごく撥ねます。
辛さは豆板醤、甘さはコチュジャンの量で調整してみてください。

このレシピの生い立ち

普通の親子丼はちょっと飽きたなぁ…と思ったのがきっかけ。
ピリ辛テイストが大好きなので、自分の好きな味を追求してみました。
ご飯と出会うために生まれたような味になってます。笑
レシピID : 6360919 公開日 : 20/08/03 更新日 : 20/08/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

20/09/28

写真

程よく辛さのパンチがあり食欲が増進しますね(^ ^)普段の味とまた違う親子丼の奥深さを再認識しましたよ!

にょろろんBs

20/08/07

First tsukurepo mark
写真

玉ねぎの代わりに長ネギを使いました!ちょうど良いピリ辛加減で美味しかったです😃

ヤマタクッキング