離乳食フレンチトースト(9か月頃~)

離乳食フレンチトースト(9か月頃~)

Description

砂糖は使わず卵と牛乳とパンのほのかな甘み。そのままのパンよりしっとりするのでかみやすく、初めての手づかみ食べにおすすめ。

材料 (2回分)

食パン(ミミは切る)
6枚切り1枚
1個
牛乳
100ml
サラダ油(またはバター)
適宜

作り方

1

平らなバット等に卵を割り入れ、卵をよく混ぜる。

2

写真

牛乳を加えさらに混ぜ、食パンをつける。
(食パンを電子レンジやトースターでほんのり温めてからつけるとしみこみやすい。)

3

5分くらいたったら食パンを裏返し、さらに5分くらいつける。

4

フライパンに火をつけ、油を少し入れペーパー等でうすくのばす。

5

写真

3の食パンを両面焼く。途中フタをしてしっかり火を通す。(弱火で片面3~4分程度)

6

写真

焦げると固くなるので焼き色を確認し、ほどよく色づく程度に仕上げる。

7

写真

手づかみしやすいように切る。(やわらかいので、フラインパンの上で、フライ返しで切れる。)

コツ・ポイント

卵と牛乳の液につけて焼くだけなので簡単で、パンだけでなく卵、牛乳の栄養もとれるおかずも兼ねたパンメニューです。やわらかさは牛乳の量で調節できます。小さく切りすぎると口につめこんでしまう場合は、かじりとれるよう大きめに切りましょう。

このレシピの生い立ち

離乳後期(9か月~)では、形のある食べものをお口の片側によせて、歯ぐきで上下にかみつぶすのを練習する時期になります。やわらかく、手につかめる大きさは、かみかみのスタートや手づかみ食べの練習におすすめです。(横浜市港南区福祉保健課)
レシピID : 6363021 公開日 : 20/07/27 更新日 : 20/07/27

このレシピの作者

横浜市役所の公式キッチンです。
横浜市の食材を使った地産地消レシピや、日々の健康づくりに役立つレシピをご紹介します。
食に関するイベント情報などもお知らせします。横浜市役所のアカウント一覧はこちらです→http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/koho/socialmedia/list/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」