ひとりでずぼらな赤から炒メシ

ひとりでずぼらな赤から炒メシ

Description

ひとりでおうちご飯する皆様へ贈る、ずぼらで美味いスタミナめし。残った「赤から」シリーズのまぜめんの素で作った炒メシです。

材料 (1人分)

イチビキ 本家赤から 黒からまぜめんの素
1人前
ご飯
1.5膳前後
とき卵
1個分
お好きな野菜・肉類
適量
サラダ油
大さじ1.5〜2

作り方

1

写真

2人前入りのこちらの製品を使用する。1人分だけ使い、残されたもう1人前を使い余した時にでもチャレンジ!

2

冷蔵庫の余り物の中から甘辛味に合いそうな具材をチョイスして、それぞれみじん切りにする。

3

写真

②を熱したサラダ油で軽く火が通るくらい炒める。
※写真の時はたまたまネギと人参しかなかったので実に寂しい。

4

写真

火が通ったら温かいご飯を入れ、しっかり混ぜながら中火で炒める。

5

写真

ご飯と具がよくなじんできたら「まぜめんのもと」を全て入れ、よく混ぜ炒める。もとが少々焦げやすいので注意する。

6

写真

もとがムラなく混ざったら、中火のままマー油ととき卵を回し入れ、そのまま10秒ほど熱してからよく絡める。

7

器に盛り付けて完成。
付属の刻み海苔をかけるとより「まぜめん」だった名残を楽しめる。

コツ・ポイント

冷凍ご飯や冷やご飯を温め直して使う時は、油をやや多めで作ると良いようです。
レシピ通りだと少し濃い味です。少量作る時や、チャーシューなど味の濃い具材を使用する時は、素の量を加減して下さい。

このレシピの生い立ち

料理ともいえないレシピですが、たまたま余った素を忘れずに消費する為のレパートリーとして生まれました。
レシピID : 6372573 公開日 : 20/07/27 更新日 : 20/07/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」