ご飯進む母の味!沢庵の古漬けのきんぴら

ご飯進む母の味!沢庵の古漬けのきんぴら

Description

ポリポリ甘辛くてご飯が進む母の味です。沢庵の古漬けを見つけたら即買いしてしまいます(*´艸`*)

材料 (古漬け沢庵1/2本分)

沢庵
1/2本
大さじ1
唐辛子小口切り
1本
胡麻
大さじ2
☆しょうゆ
大さじ2
☆砂糖
大さじ2
☆酒
大さじ2
大さじ2
☆顆粒出汁の素
8g(小袋1)

作り方

1

沢庵は5ミリ位に切り一晩水に浸して塩抜きする。今回は23時から7時。食べて少し味が残る位。

2

フライパンにサラダ油を入れて熱し、中火で沢庵を炒める。油が回ったらヒタヒタに水を入れて☆と唐辛子を入れる。

3

中火でグツグツと。汁が減ったら水分を飛ばすように炒め、ほとんどの汁が無くなったら火を止め胡麻を入れ混ぜたら完成です。

コツ・ポイント

塩抜きと味付け後に味見を必ずして調整して下さい。甘めがお勧めです。辛味が足りなければ最後に七味唐辛子をパラリ。

このレシピの生い立ち

母が子供の頃から作ってくれる大好きな慈悲深いひと品です。京都では柔らかく炊いて「大名炊き」にしますが、母はきんぴらにしていました。甘辛くてピリッとしてご飯が進みお勧めです!
レシピID : 6381720 公開日 : 20/08/02 更新日 : 20/08/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」