鹿の子寄せ

鹿の子寄せ
さつま芋と葛の和菓子で、八丁味噌のソースをかけて食べます。甘さと味噌の味がとってもよく合う、見た目も涼しげなお菓子です。

材料 (6個分)

さつま芋
200g
バター
10g
砂糖
25g
クコの実
6個
230g
砂糖
100g
葛粉
50g
甘く煮た豆
数種の豆(缶のミックスビーンズ)
18個
砂糖
大さじ1
100cc
八丁味噌ソース(レシピID640344
40g
小さじ1/2
砂糖
40g
60cc

1

写真

【中のさつま芋の部分を作る】さつま芋を柔らかくなるまでふかし、熱いうちに皮をむいて裏ごしし、バター、砂糖を混ぜる。

2

【豆を甘く煮る】分量の砂糖と水を鍋に入れ、沸騰したら豆を入れ、5分くらい煮る。

3

写真

1を丸めて、2の豆の甘く煮た物、クコの実を貼りつける。
(一番上の赤いのがクコの実です)

4

ボールに葛粉と半分の水を入れ混ぜ溶かし、ざるでこしながら鍋に入れ、空になったボールに残りの水を入れ洗うように鍋に入れる。

5

写真

ふるった上白糖を入れて弱火にかける。たえず底から返すように混ぜながら、しだいに葛が固まってくるまで煮る。

6

写真

ほど良い硬さ(のり状)になったら火からおろして湯煎にかけ、スプーンなどですくってラップの上に落とし、へらで平らに引く。

7

すぐに2を包み込み軽くラップを絞って閉じる。(芋の上側を先に置き包むと良い。ラップの絞り口がクコの実と逆になる感じ)

8

写真

氷水を入れたボールに6を入れ、しばらく冷やす。

9

写真

そっとラップをはずして、蒸し器に固くしぼったふきんを広げ、その上に並べて12~15分透き通るまで蒸す。

10

室温で冷まし、冷蔵しない。

11

【八丁味噌ソースを作る】
水、砂糖を鍋に入れ、弱火で砂糖を溶かす。

12

砂糖が溶けたら、八丁味噌を入れ、木べらでかき混ぜながら溶かす。しばらくかき混ぜて味噌が溶け、とろりとなったら火を止める。

13

12の補足:八丁味噌は溶けにくいので木べらでつぶすように練り溶かして、焦がさないように注意して下さい。

14

しょうが汁を加え、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす。食べる時に好きな分量をかけてください。

コツ・ポイント

1の補足:電子レンジでバターを溶かし、砂糖を混ぜ、さつま芋も裏ごししている間に冷めるので、少しレンジをかけてバターと砂糖を混ぜたものを加えると混ぜやすいです。6、7は手早くしないと葛が固まってきて扱いにくくなります。

このレシピの生い立ち

朝の連ドラ「純情きらり」に出てきた和菓子です。見た目がとてもおいしそうだったし、八丁味噌が大好きなので、ドラマの中の物を自分で分量を考えて作ってみました。八丁味噌ソースは好みでかけられるため多めの分量です。
レシピID : 642211 公開日 : 09/02/26 更新日 : 09/02/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」