8月末から秋頃 気温26〜29℃酒饅頭種

8月末から秋頃 気温26〜29℃酒饅頭種

Description

前回絞った酒種のカスで醗酵促進
24時間〜36時間

材料 (元液150cc (元液1 : +水1で作る))

浄水
300cc
ご飯
70g
米麹
20g
前回酒饅頭の元液を絞ったカス
大匙1

作り方

1

煮沸又は洗った空き瓶900ml位の広口瓶に浄水300mlにご飯70g、米麹20g、絞りかす(液も)
大匙1を入れ混ぜる。

2

1の瓶の口をガーゼかキッチンペーパーを被せ、輪ゴム等で縛る。

3

温かい場所に置き醗酵させる。
24〜36時間経過したら、ボウルにザルを重ね、ガーゼを敷き、2を濾す。

4

※3の濾した元液を薄め、直径21cm、3Lの鍋に簡易蒸し器で蒸した酒饅頭3個の作り方・試作に
ID:6428436

5

↑の写真は撮り忘れたので、日中温かい陽射しのもとに置き、夜は部屋に置き24時間経った時には、この様になっていました。

6

米麹はみやこ麹(米麹・伊勢惣さん)のを使わせて頂いています。
白いモフモフがついている米麹が良いです。

7

※饅頭6個、12個作るID:4725032
コメント欄も読んで下さい。

コツ・ポイント

☆絞りかすを入れると早く醗酵させる事ができる

☆日中外の方が温かい時は日向でも半日陰でも温かい所に、夜は家の中の温かい所に置く。

☆3・漉す時、ゆるく(カスに液が残る)軽く絞る。

ご飯70gは約1/2カップ弱
米麹20gは約大匙2強

このレシピの生い立ち

8月27日頃から秋の気配、猛暑から気温が下がってくる。秋のお彼岸や敬老の日にもお饅頭を作れる様に絞りかすを使って元液の作り方。
1回目、2回目と追加して濾した種で蒸しましたが、味、膨らみ加減はあまり変わらないので1回醗酵にしました。
レシピID : 6428414 公開日 : 20/09/02 更新日 : 20/09/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Y✿えくぼ飯 2020年09月03日 09:49
私が作る時に気をつけている事

ご飯、米麹、容器、布、混ぜる物、手等使う物に塩分がつかないように気をつけています。

ボウル、スプーン、ザル等、器具はなるべく木やプラスチック製品を使い、金属製の物はこの段階では使わない様にしています。