直径21cmの鍋で蒸す酒饅頭 試作に

直径21cmの鍋で蒸す酒饅頭 試作に

Description

酒饅頭(具なしの空饅頭)3個、膨らむかお試し用に…
☆酒饅頭の元液 ID:6421207 ID:6428414

材料 (饅頭3個(生地50g×3個))

☆酒饅頭の元液
大匙2
☆浄水
大匙2
☆小麦粉
30g
★小麦粉用(捏ね用)
70g
●小麦粉(まとめ用)
15g〜20g

作り方

1

計量カップ(マグカップ可)に☆の酒饅頭の元液・浄水・小麦粉を入れ、ダマが残らないように混ぜる。
1時間以上3時間位置く。

2

写真

ボウルに1を入れ、★の小麦粉を混ぜ合わせる。
まな板シートに●の小麦粉を少し敷き、生地を取り出す。

3

写真

2の生地を●の小麦粉を下に着かないように薄く敷きながら20分間捏ね、まとめる。50g位の生地3つに分けて丸める。

4

写真

まな板シートに乾いた手拭い等を敷き、丸めた生地の底に小麦粉を薄くつけて置き、上にも布を被せ、その上にビニール袋を被せる

5

写真

4を30〜40分置き醗酵

鍋に水を900cc入れ、簡易蒸し器を入れ、蓋をして沸騰させる。沸騰したら火を消しておく。

6

写真

濡れ布巾を蒸し器に敷き、4の饅頭をのせる。蓋せず強火で2分。
中火にして蓋をして30分蒸す。
水が蒸発、空焚き注意して!

7

水が足りなくなりそうなら、お湯を足す。
左赤=醗酵機32℃
中=室温26℃
右緑=下に電気毛布31℃
(室温が良い)

8

写真

30分蒸したら火を消して、うちわで饅頭の上面に風をあて乾かす。
乾いた布の上に饅頭を取り出す。
底を上にし、うちわで扇ぐ

9

粉の種類
1・饅頭の粉
2・強力粉のみ
3・薄力粉のみか地粉のみ
4・ベストな配合わからない

これが私の好みの味順

コツ・ポイント

蒸す時、鍋の空焚きにならない様に気をつけて、中火で、足りなくなりそうならお湯を足して下さい。

餡子を入れたら多分この鍋ではちぎりパンの様にくっつくと思います。
半分の量で小さめ2個作る事も出来ます。

このレシピの生い立ち

家庭に良くある3L直径21cmの鍋で簡易蒸しきでお饅頭の試作。
蒸かし台をセットし水を1L入れ、
中火で30分蒸し、水分は300cc位残っていた。
お饅頭の底が水分でふやけ気味でした。
水は800〜900ccで良さそうでした。
レシピID : 6428436 公開日 : 20/09/02 更新日 : 20/09/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Y✿えくぼ飯 2020年09月03日 13:01
5・丸めた饅頭を30分醗酵
左の赤い印 醗酵機内32℃ →ダレなし ヒビなし 膨らんだ

中 無印 部屋の温度27℃ → ダレなし ヒビなし 少し膨らんだかな(40分醗酵でも良さそう)

右の緑の印 ビニール風呂敷・電気毛布(強)・ビニール風呂敷・まな板シート・乾いた布巾・饅頭・乾いた布巾かぶせ・ビニール袋をかぶせて(皮の表面の乾燥し過ぎ防止)→ダレあり、側面ヒビ入り、少し膨らんだかな…→冬用かな。

6・30分蒸した物 → 握った後の戻り具合、食べた感じは
室温醗酵のが一番良い。
醗酵機使用は、握った感じが微妙に硬かった。
電気毛布使用は下方側面が先に醗酵してしまいダレてヒビ。(冬場は木枠に乾いた布を敷き、饅頭を置き、乾いた布、手拭い等をかぶせて、ビニール袋で覆い被せて醗酵)
室温27〜29℃なら部屋で30〜40分醗酵で良いと思いました。

夏の30℃超えの室温ならば、味噌餡は20〜30分醗酵
蒸しは強火で蓋せず2〜3分、後中火で蓋して30分間蒸す。
扇風機の強火で風をあて、饅頭の上部と底部を乾かす。
ポリエチレンシートに温かい内に包む。
レンジ600w40秒