お薄焼き

お薄焼き
焼く時の温度で、しっとりにも、かりっともちもちにも仕上げられます。
簡単なのに、見映えよく仕上がります。
生地は3日ほど作り置き出来ます。
餡子があまっていたら、ぜひ作ってみてください。

材料 (手のひらサイズが20枚ほど焼けます)

200cc
200cc
M1個
抹茶
小さじ2~3
キャノーラ油
50cc
小豆の楓露煮
適宜
栗の楓露煮
適宜(Optional)
キャノーラ油
少々

1

写真

もち粉を計量カップではかり、ボールに入れる。お抹茶を茶漉しで振るいながら加える。

2

写真

卵とサラダ油を加えてよく混ぜる。

3

写真

水を2,3度に分けて加えてよく混ぜ、生地の感じがクレープ生地のように仕上げる。

4

写真

フライパンに薄く油を塗り、約大さじ1強を流して、1分ほど弱火から中火で焼く。一度ひっくり返して、10秒ほどしたらフライパンから取り出す。弱火で焼くと、表面が滑らかに、中火で焼くと、穴が無数にあき、カリカリとした食感に仕上がる。

5

写真

小豆や栗の楓露煮をはさんで、出来上がり。*もちろん市販の缶詰小豆や、栗の甘露煮でもかまいません。和の食材とよく合います。クリームも試しましたが、今ひとつでした。

コツ・ポイント

オリジナルです。桜餅の長妙寺タイプがヒントになりました。

このレシピの生い立ち

お引越しをして、餅粉のストックをたくさん発見。消費策の第一弾で作ってみたら、おいしくできたのでレシピ公開することにしました。
発想の元は、食紅でピンク色に染める桜餅・・・と、もち粉のMunchケーキID20048
レシピID : 64327 公開日 : 02/09/12 更新日 : 13/03/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/07/30

First tsukurepo mark
写真

持ち寄りで和菓子だ!って喜ばれリピ要請が。手軽なのに美味も嬉し♪

ふくめい

喜んで頂けてなによりです。レポありがとうございました。

Munchkin's Mom 2011年10月17日 10:29
お詫びと追加訂正。

プロセス1に抹茶を…とありますが、材料のリストに抹茶の記入をしておりませんでした。
しかも9年間ちょっとの間も・・・

小さじ2~大さじ1の抹茶が入ります。
お好みで加減してください。

訂正追加記入して、お詫び申し上げます。